パイプカット手術を検討している。

まだ年齢は28歳。

しかし、もうこの後の人生でこれ以上子供がいらないと思っている。

この考え方はあくまで決断を出すのは早すぎるのか?

実際に医療現場で10年以上患者様の悩みを聞いてきたからこそ伝えたい内容をご紹介していきます。

28歳パイプカット手術決断理由

28歳パイプカット手術決断理由を画像と文章で紹介しています
パイプカットを受けたい男性の中には、20歳や25歳という人もいました。

当然10代で子どもを育て始めた状況で兄弟が20歳でできている人もいる。

そうなれば、25歳でももう7歳や5歳の父親になっている20代ということになります。

晩婚化に関係ない20代の需要

晩婚化に関係ない20代の需要を画像と文章で紹介しています
若い時に子育ての苦労をして早く終われば、40代には自由な人生が待っている可能性もある。

こういうご夫婦にとっては、28歳の時期にパイプカット手術を夫婦で考えることは決して年齢として考えても何も牛木なことではありません。

別に離婚する予定もない。

人間性として何か不思議なことを考えているわけでもない。

あくまで、今の自分たちの生活で1年後10年後という時間の中でこれ以上子供が欲しくないと意見が一致したタイミング。

こう考えたら、入院も必要なく、すぐに治せる治療だからこそ、検討する夫婦もいる。

別に年齢が若いからということを考える必要は無いのです。

28歳パイプカット手術を独身男性が考える甘さ

28歳パイプカット手術を独身男性が考える甘さを画像と文章で紹介しています
逆にきちんとした考え方を持たずただ責任を背負いたくないという逃げる考え方をしている人もいる。

それが、結婚の経験もなし。

彼女がいるだけで妊娠を望んでいないというだけのタダの他人の関係に対して自分がどうするべきかを悩む存在。

結婚をしているかしていないか?

この違いが書面1つの世界であっても意味も価値も大きく違う。

単純に、結婚をしてからの夫婦の価値観の一致という中でも子供がいない時に決断する気持ちは後の人生で何かのきっかけがあれば、変わる可能性も十分にある。

まして、女性が妊娠に対して肉体的にも心配が多い状況でなければ、あえて男性が先にパイプカットを受ける理由にもならない。

あくまで割合とか全体の中での年齢のバランスが重要なわけではありません。

妻の同意書を書いてもらう上で、お互いの見解も将来設計もきちんとまとまった状態で決断を下す。

この年齢が早い結婚や子供を授かった時期なのかどうかだけ。

それ以上のことを色々考えても、結果的には自分たちの将来設計の中でいない存在のことを考えても何も答えが出せないのも事実です。