パイプカット術後腫れと防止注意点避妊手術体験記を紹介しています
パイプカット手術を受けてからの腫れはどうなる?

普段履いている下着などは何か別のものを用意しないとまずいの?

腫れたり痛みがあることは治療を受けた後の妊娠よりも先に訪れる悩みの1つ。

実際に検査を受ける予約より前の生活における必要以上の心配があることは望ましくない。

男性が避妊術を受けた後の生活の中で覚悟しておくべき内容を体験からご紹介しています。

パイプカットについてはこれまでにも以下のような内容を書いてきました。

精菅切断手術が必要になった理由クリニック治療体験記

精管結紮術費用|神奈川東京比較体験記

パイプカット条件とは?男性避妊手術前に必要な準備体験記

パイプカット川崎周辺クリニック選びおすすめ体験記

パイプカット相模原周辺クリニック選び方

パイプカット神奈川県病院とクリニックの違いは何?

パイプカット費用神奈川クリニック選び注意点

パイプカット横浜安いと安心の比較ポイント

当サイトは、実際にパイプカット(精管結紮手術)を東京新宿,神奈川県横浜にあるクリニックで依頼した経験をもとにご案内しています。

今回は、パイプカット術後の腫れについて。

パイプカット術後については、痛みについてもご紹介しています。

パイプカット術後痛みで仕事は休む?体験記

相談してもやはりその時の答えが返ってきたその通りになるとは限らない。

でも、実際に治療を受けた人からの情報を確認する。

この流れが今の心配を少しでも緩和できることにお役に立てるならと考えて可能性の1つとしてお伝えしていこうと思います。

パイプカット術後の腫れ実体験

パイプカット術後の腫れ体験記

治療を受ける前にはいくら説明を受けても術後の不安はすべては拭い去ることができない。

精巣やら精嚢、精管。

どの言葉を言われても、結局自分では日常の生活では下着の陰に隠れてまったく見ることもない。

トイレに行った時にも陰嚢まですべて出して用を足す時にも陰嚢を出すかどうかは人次第。

こうなると、夜間お風呂に入った時間に気付く人が多いはず。

パイプカット術後腫れた状態になるのか?

パイプカット術後腫れた状態になるのかを紹介しています
まったく腫れないということはないと思います。

切開をしています。

縫合をしています。

この2つが内容として陰嚢に対して直接行われているので、当然入浴時に以下のような感じがわかります。

  • 縫合した部分の周辺に赤みを帯びた感じがあること。
  • 熱を持ったような状態であること。
  • 体の他の部分にけがを負った場合の自然に治癒する過程にみられる状態。

このような内容が男性の避妊手術語の状態でも起こります。

パイプカット術後当日腫れたら?

パイプカット術後当日腫れたらを紹介しています
私は日帰り手術を受けて、クリニックから帰ってきた時、当日も少し腫れていた感じがありました。

しかし、渡された薬の服用を行ない、あとは放置していました。

特に、気にして触ったりするほうが良くないと思います。

もし心配なようなら数時間保冷剤などをタオルにくるんだ状態で冷やす的な行動を行うという案内をしているクリニックもあります。

パイプカット術後腫れたのは何日?

パイプカット術後腫れたのは何日かを紹介しています
この回答は正直個人差が含まれる要素が多いため、あまり過信をしてほしくないと思います。

あくまで私の場合ですが、1週間以内には徐々に縫合した部分も腫れは落ち着いた都思っています。

ただし、実際に傷をつけたのは外だけではありません。

中の部分でもやはり精管を引っ張るために処置にかかり、精管を切断しています。

この関係からどうしても医療は体の外についた糸と傷や出血だけが経過ではない。

その後の生活の中でしっかりせめて1日1階は体を洗い、左右の汚れも水気をふき取り、清潔を保つことが大切である。

これが、簡単にですが、治療を受けたその後の腫れについての体験になります。

あくまで、傷が存在している間は、強い不安に襲われることもあるかもしれない。

しかし、この場合でも必ず自分一人で判断をしないことが大切。

必ず治療を受けたクリニックに連絡をして、当日の状態や使用してよい内容なども確認した上で、自分のやるべきことを確認しておきましょう。

パイプカット術後の腫れ対策

パイプカット術後の腫れ対策を紹介しています

治療を受けて日帰りで帰った後。

受ける前の患者という立場で味わう緊張やストレスはやはり疲れもたまる。

精神的にも説明や案内に耳を傾けることに疲れてしまう人も多い。

しかし、そんな疲れにやっぱり夜食や晩酌という習慣を使う人もいるはず。

術後の腫れの原因

術後の腫れの原因を紹介しています
やはり入院などをしている人は完全にお酒などは初日を含めて禁止されている人も多いはず。

その理由の一つに切開や切除などの縫合が含まれた処置を受けた人も多い。

こうした治療を受けた後の患者にはアルコールが含まれることで以下のような懸念の要素もある。

  • むくみなどの原因になりやすい。
  • 出血を促進する可能性もある。
  • 処方された薬との相性的な部分への懸念。

このように、内容的にもしっかり体を整えるべき配慮が必要となる。

やはり、今後元の状態に戻るまでの時間をよりスムーズな流れにしていくためには自分自身の生活での習慣にも注意が必要なことがある。

この点は、やはり強い意識が必要になると思います。

治療後すぐの運動も注意

治療後すぐの運動も注意を紹介しています
お酒の存在以外で注意が必要な可能性が高いのが運動。

ジムや自主トレなどの肉体強化を目的に運動している人もいるはず。

しかし、やはり傷の状態がわからない中で、自分のいつものペースよりも少し落とす状態で運動してもその内容は人により大きく違う。

当然、日帰りで治療を受けて、そのままジムなどに向かうことが可能な人もいるはず。

しかし、この場合もやはり治療する前と後では心配する内容が違う。

結果的に、術後の運動を原因で腫れや痛みを感じやすくなってしまった。

こんな状況になってから心配になって確認をするのは、やはり避けたいことだと思います。

あくまでパートナーとのセックスを行わない以外の傷口に対するケアとして考えておくのは何か負荷を与える要素も出血傾向を高める可能性がある。

この点は、自分の普段の生活で何か思い当たることはないか?

こう考えて、必ず不安があるような内容は、相談の時にすべて先生でも説明を担当した人にも流れの中で悩みとして報告や相談をしておくことがとても大切。

実際に私が受けたクリニックについてもご紹介しています。

東京と神奈川でパイプカット安いしおすすめ!治療体験記