パイプカット術後っていつまで痛いのかな?

注射とか傷とか特に痛いというのは非常に苦手だという男性は多い。

ケガも手術も虫歯の治療ですらしたことがない。

このような人も最近は増えてきた。

結果的に、自分がパイプカットを受けた後に、術後の経過として1日、2日と経過した際にどんな状態が考えられるのか?

実際に精管結紮術を受けた感想、口コミとしてご紹介しています。

パイプカット術後2日目の違和感

パイプカット術後2日目の違和感を画像と文章で紹介しています
精管を切断して陰嚢表面の傷を2か所縫い合わせた。

この結果からその後の生活に感じる違和感をご紹介していきます。

パイプカット術後2日目でほぼわからない

パイプカット術後2日目でほぼわからないを画像と文章で紹介しています
私は正直痛みに強い方です。

その私が経験した手術後の経過としては、もう2日目には傷の痛みはあまりありませんでした。

もちろん、着替えをしたり、ボクサーパンツのようなタイプを履くと、接触時の違和感があります。

あとは、姿勢を変えた時に、擦れる感覚などはあります。

でもそれ以上の何か自分の姿勢を痛みのせいで変えなければいけないようなこともありません。

別に他人から変に意識されるような心配もないまま時間を過ごすことが出来ました。

パイプカット術後2日目で出血もない

パイプカット術後2日目で出血もないを画像と文章で紹介しています
絆創膏をはり替える程度の経過の薬とセットで渡されたのですが、別に出血をしているという感覚も特にありませんでした。

もちろん、表面はまだ傷と分かる感覚はあります。

でも、自分で傷を触るようなことをしないまま放置していれば特別な意識がもっていかれるようなこともありません。

むしろ、もう何もしなくて良いのではないか?と思わせてくれるような感じでした。

パイプカット術後2日目で腫れは実感

パイプカット術後2日目で腫れは実感を画像と文章で紹介しています
傷である以上、縫合した周辺はやはりまだ熱感であり、色も何もなかったような色になっているわけではありません。

あくまで傷とわかる程度の変化はしています。

しかし、その腫れが違和感を与えたり、生活の支障になるようなこともありません。

実際に治療を受けてしまうと、当日から仕事が出来たというのは十分頷けるような状態になっていたと思います。

パイプカット術後2日目でも注意はある

パイプカット術後2日目でも注意はあるを画像と文章で紹介しています
自分で傷を見て感じることだけでなく、やはり体の中ではまだ傷が治っていない部分を修復してくれている。

徐々に落ち着いていくという流れを阻害するようなことは基本的に避けるべきタイミング。

具体的には以下のような行動は控えました。

性行為やマスターベーション

飲酒

激しい運動

軽い筋トレやウォーキング程度であれば、実践しても何も問題はないと思います。

でも体力をかなり消費すると自分で感じるような行動は基本として控えた方が傷の治りも痛みも感じる心配がないと思います。