避妊手段は男と女どちらが準備夫婦の悩み体験記を画像と文章で紹介しています
子供がもうすでに一人、二人、三人はいる。

今後も夫婦の営みとしての性交渉を続けていきたい。

でももう子供がこれ以上欲しいとは思えない。

むしろ、もういらないというのが夫婦の答えとしては一致している。

こういう夫婦の場合は、男性と女性のどちらが避妊に対して工夫をしているのかな?

男なら、パイプカット【精管結紮術】やコンドーム使用。

女なら、ピルなどの薬を飲む。

正直中出しをしなければ大丈夫程度では安心材料にならない。

こういう時の考え方について精管結紮術治療経験者としてご紹介していきます。

パイプカット手術体験前にある夫婦の会話

パイプカット手術体験前にある夫婦の会話を画像と文章で紹介しています
男性と女性においてどちらも体の負担や副作用、リスクなどを考える。

どっちが楽なのかな?

この考え方からすると、正直私はいろいろな意味で男性の方が簡単だと思ってしまう。

女性の避妊方法とピルの副作用

女性の避妊方法とピルの副作用を画像と文章で紹介しています
単純に女性がピルを飲んでいるとどういうことが起こる可能性があるのか?

よくあるアフターピルという処方対象についてご紹介していきます。

以下のような変化を感じる事もあります。

  • 気分の不快感や吐き気を伴う可能性がある。
  • 嘔吐をするケースもある。
  • 不正出血を起こすこともある。
  • めまいや頭痛、疲労感などを感じる事もある。

このように、単純にピルも薬を飲むだけという言葉を使ってしまうと、正直避妊をするための副作用との付き合い方をしらない人にとっては非常につらい現実がある。

結果として何も起こらない場合もあるのかもしれない。

でも1度でもこういう経験をしてしまうと、次からはもう2度と飲みたくないという拒絶したくなる気持ちが生まれてしまうのが最もリスクなのだと私は思う。

男の避妊手術にリスクはあるのか?

男の避妊手術にリスクはあるのかを画像と文章で紹介しています
私が2年経た中で感じた内容もご紹介しています。

パイプカットに副作用はあるのか?体験記まとめ

自分が手術を受けた後に体験した内容もご紹介しています。

パイプカット手術後勃起力低下のリスク

パイプカット手術後初めての射精に感じる違和感

パイプカット手術跡は他人にバレる?

正直どの記事でも安心してくださいというのが極論では答えとなっている。

もちろん、治療をする前にはいろいろな後遺症だとかリスク、副作用、失敗や後悔など考えてしまうことがあるかもしれない。

でも、先ほど伝えた女性の避妊方法に比較するなら、正直比較の対象にもならない程度の内容しか出てこない。

やはり、男性の射精後の精液に精子が無ければ妊娠はしない。

この考え方に着目した方が考え方も楽になるのではないでしょうか?