30代子供欲しくない夫婦と夜の営み回数回復方法を紹介しています
30代になってもう子供を欲しいと考えることもなくなった。

今後の人生はこれ以上子供を増やす予定もない。

自分たち夫婦だけで生活をしていく方が気が楽。

でも性欲はお互いにある。

こんな時、多くの周りの家庭はどんな風に避妊を考えてセックスをしているのだろうか?

子供が欲しいとかいらないという言葉と結びつけたくはない性行為の頻度。

子供が欲しいから誘うとか誘われるという考え方は、男性にとっては、勃起不全の心因的ストレスにもなっている時代。

子供がいるいらないを問わない男女の夫婦の営みとして自然にお互いが妊娠などを心配不要で声を掛け合える関係が理想と思う夫婦も多いのではないでしょうか?

実際に私も子供が増えた先で、もうこれ以上はいらないと思った時に、男性の避妊手術を受けた一人。

今では、夫婦仲としても、別に誘う誘われるという先に「できてしまった」という意識を全く必要ない性生活を送ることが出来ています。

この価値を少しでも多くの人に知っていただきたいと思います。

30代子供がいらない理由

30代子供がいらない理由を紹介しています
30代だからではない。

もう自分の体力としても仕事のストレスなどの環境的な条件からしても子育てまで参加ができないという男性の意見。

子供の面倒を見て人生を過ごすというのは、やりたいこともできないし辛いと思ってしまう女性。

いずれの場合も、自分自身が人生を楽しむために自分の将来に対して、制限がかかる子供の存在をもうこれ以上は考えられない状況の人も多いはず。

実際に、子供がいらないという30代にはこんな声もネット上を検索していると出てきます。

  • 今から子育てしていたら、老後の準備は難しい。
  • 子供を養うことは正直大変だと周囲を見て感じた。
  • この先、仕事が落ち着くという感覚が全くない。

このように、働き盛りとなる30代から40代にかけての人生において、自分の為に人生の時間を使う。

こういう意識が昔よりも徐々に強まっているのだと思います。

子供がいらない30代妻の意見

子供がいらない30代妻の意見を紹介しています
これ以上の子供がいたら、さすがに神経がもたない。

1人、2人、3人、4人になった先で、子育てをしながら、妻が口にしたが限界のサイン。

自分の体力や上の子どもたちの性格などの特徴。

もう今後、子供が増えたとしても、結局は上も下も両方を均等に面倒を見ていく必要がある。

この状況に、自分の精神的な限界を感じている時には、素直に限界という言葉が出てくることもあると思います。

こういう時をしっかり夫であるご主人がただ聞き流すのではなく、耳を傾けて、どうしたら楽にさせてあげられるのか?

この発想の先には、相手の女性の肉体的な負担がない方法を探すことが大切

30代子供がいらない時の対処法

30代子供がいらない時の対処法を紹介しています
自分たちにはもう今の生活を維持するだけで精いっぱい。

結局、できてしまったらおろすみたいなことも性格的には出来ないと思う。

だったら、セックスを安全日にしか行わないようにして、外出しを続ければよいのでは?

これができれば何も苦労がないと思います。

しかし、男性の中には、早漏などを悩む人も多い。

つまりは、失敗してできてしまったという未来をどこかで覚悟をしておく必要がある。

今の状態のままではいつ妊娠したと言われても困るという事態が起こりえる。

だったら、避妊という考え方から、精子を含まない状態にしてしまうのが早いのではないでしょうか?

この方法がパイプカットという男性の精管の管を切断する手術。

痛みとか術後の生活なんてそんな心配はほぼないのと同じ。

私の体験で感じたのは、歯医者で虫歯の治療をしてから、硬い食べ物に制限がかかった時のほうが大変でした。