パイプカットを受ける人の年齢は何歳くらいが多いのか?

年齢を悩む人もいる。

一方で子供の数を気にしている人もいる。

1人目以降は、親としての子育てという環境に夫婦の想像より大変だったと思う人もいる。

奥さんが仕事ができない時間が長い。

夫の転職による収入の低下。

住宅ローンや車のローンなどの支払いに加えた学資保険や生命保険などの支払い増加。

子育て以外にもいろいろな事があるからこそ、3人目はちょっと無理かもしれないという諦めの声がネット上でも目立っている。

実際に10年以上医療現場で患者様の悩みに向き合ってきた中で聞こえてきた声をご紹介していきます。

パイプカットは3人目諦めが多い

地域によっては、子供手当や子育て支援などの問題からしても3人目以降が非常に得になる仕組みを掲げている場所もある。

しかし、現実的に考えて補助をしてくれたとしても、親の時間と体力という問題から、今いる2人の子どもの面倒を見る事で限界を感じる人も多い。

歳の差の問題。

男の子、女の子1人ずつという事ですべての服などの準備も1からそろえる環境。

いろいろな事が、環境として準備をする事も子育てが単純に2回目で簡単になっていく声だけではない。

結果的に2人目までが親が夫婦で面倒を見る事の限界だと感じる家庭も多い。

3人目となると、どうしても誰かが我慢という事が簡単に生まれてしまうかもしれない。

こんな気持ちになってしまう中でも夫婦の夜の営みはまだ自分たちの年齢的にも体力的も続けたい。

親の年齢と体力と性欲

3人目を諦めるからそのままセックスレスに突入。

この生活を望む家庭ばかりではない。

子づくりとセックスは別物。

あくまで、夫婦の仲を維持するためには必要なこと。

こんな考え方を持つ場合は、年齢が20代でも30代でも40代でも問わず、治療を夫婦で話し合うケースは多いと思います。

3人目とパイプカット決断のメリット

子供が大きくなると、徐々に自分で自分のことをやってくれるようになっていく。

今だけが大変。

このように感じる時期もある。

しかし、この考え方よりも小さい時の苦労に対して夫婦が無理と思う。

この環境での手術決断には、以下のようなメリットがあると思う。

別に若いから再手術をしたくなるという事もない。

後で妊娠希望などの話が浮上しない。

このパターンのメリットかもしれない。

やはり気持ちの変化というのもお互いに価値観をきちんと話し合うことは大切です。

じっくり、3人目の事から避妊方法と手術を比較して検討してみてください。