40代子供がいらない夫婦のセックスレス解消法体験記を紹介しています
40代になってしまった。

子育てもそろそろ落ち着いてきた。

もう子供もいらない年齢になってきたと夫婦で話しをする機会もあった。

しかし、まだこの先セックスレスになるような年齢ではないと思っている。

こうした夫婦が、夜の営みに興味はあってもなかなかお互い妊娠などの不安があって、日を選んでしまうようなこともある。

コンドームなどの避妊具を購入したり保管する煩わしさ。

子供のいない時間を考えてわざわざホテルなどに移動する手間。

いろいろなことがあって、実際にセックスをお互いの快楽の時間として共有することが難しくなっている夫婦も増えている。

私も実際に子どもがいる生活で今後の人生を考えて、子供の数を気にしないセックスライフの為に男性の避妊手術を体験した一人。

実際に、パイプカットという精管結紮手術の存在をまだ知らないというご家庭も多いようです。

そこで、40代で子供がいらない夫婦が避妊という不安や悩みを抱えない生き方を考えるための選択肢をご紹介していきたいと思います。

40代子供がいらない夫婦の背景

40代子供がいらない夫婦の背景を紹介しています
晩婚化という言葉に後押しされながらも、実際に子育てをしていくということについては、さまざまな課題がある。

核家族化

家計の問題。

体力の低下。

出産に対する奥様への体の負担。

仕事を制限することに対する葛藤。

地方自治体の子育て支援が進んできたとしても、家計の為には共働きを選定とした生き方を考えた時、実際にどのような仕事と家事の両立を考えられるか?

この悩みはやはり、日本全国どこのエリアに住んでいても感じる悩みの1つ。

実際に、子供がいらないと思う理由には、仕事と収入という言葉が増えているのも現実。

40代子供はいらないのとセックスレス

40代子供はいらないのとセックスレスを紹介しています
男性でも女性でもやはり娯楽や快楽というのは、自分の中でのストレス解消や夫婦の仲を維持する上でも大切な営みと感じているご夫婦もあります。

「いい歳」。

こんな言葉がありますが、男性では生涯現役という表現もある。

女性でも決して性欲がどんどんなくなっていくという人ばかりではない。

妊娠、出産などを経験した後に性欲が強くなったという人もいる現実。

実際に、夫婦生活はただ衣食住を共にするだけではない。

やはり男性と女性との肉体関係も大切な結婚後の夫婦生活の価値の一つ。

このように感じているご夫婦にとっては、子供を望むためだけのセックスではない。

40代子供いらない夫婦がセックスを楽しむ方法

40代子供いらない夫婦がセックスを楽しむ方法を紹介しています
子供がいらない夫婦はセックスを楽しめないのか?

この考え方はあくまで避妊を前提とする意識を消し去ることが出来ない状態だからこその悩みだと私は感じます。

実際に、避妊手術を受けてからの私は基本的に気持ちが非常に楽になりました。

40代以降のセックスレス解消とパイプカットの価値

40代以降のセックスレス解消とパイプカットの価値を紹介しています
男性からしても、奥さんとの夜の営みと妊娠は表裏一体ぐらいの注意が必要になる。

いつしかもう避妊なんて言葉を忘れることができるなら!

このように考えるなら男性側の精子がない状況を作りだすことが最も簡単。

女性にピルなどの避妊薬を飲ませるよりも体の負担はかなり少ないと私は感じました。

やはり、男性が女性を守る意味での愛情表現。

こんな価値にもパイプカットは繋がっていくと私は感じました。