パイプカット後妊娠の可能性と稀なケースの実態!業界引退者が解説を画像と文章で紹介しています
パイプカット手術後の妊娠は確率的に高いのだろうか?

どういう人が妊娠をしてしまったという事態になるのか?

自分で気を付ける事があるのか、ないのか!

パイプカット手術前に、不測の妊娠という事態を経験したからこそ治療をしたいと思う男性も多い。

なのに、治療の後にさらにご懐妊という事実をつきつけられるのは正直考えたくもない。

でも実際にはその可能性はあると言える。

中でもまれなケースを私は医療現場で見てきたのでご紹介していきます。

私のサイトは、医療機関で12年以上の現場経験と実際の手術体験を軸に詳細をご紹介しています。

パイプカット後の妊娠の確率

パイプカット後の妊娠の確率を画像と文章で紹介しています
よくネット上ではパイプカットだけでなく、男性器の手術について、こんな言葉が目立つ。

失敗の確率

成功率

しかし、この考え方は正直情報の取得方法としては曖昧さが高まることが多い。

その根拠は?

  • クリニックによっては一件も術後の妊娠を招いたことがない医療機関もあること。
  • アルバイトの医師の担当した手術の時に招いたことがあったということがある可能性(現在は在籍しない場合でも残る履歴)

このような状況を比較していくと、結果的に確率と呼べる対象のデータはどこまであるのか?

今現在の執刀をしてくださっている先生たちにとって、どこまでが対象のデータになるのか?

この点をあまり意識しすぎてはいけない。

パイプカット後妊娠の可能性確認方法

パイプカット後妊娠の可能性確認方法を画像と文章で紹介しています
精管結紮術を検討するなら、術後の状況の中で、基本とするのが、やはり術後の精子検査は確実に受ける事。

そして、その結果によっては、こんな可能性もあることを知ってほしい。

パイプカット後妊娠の可能性があるレアタイプ

パイプカット後妊娠の可能性があるレアタイプを画像と文章で紹介しています
本来は、精管の管は、左右の睾丸に対して1本ずつである。

しかし、まれなケースで管が途中で分岐し、2本の存在になっている人がいる。

私自身も医療機関にいて、10年以上携わる中で、1人しか見たことがない。

そのような人には以下のような特徴があった。

  • 精子検査の段階での残存精子と空出しの回数が明らかに違和感を感じるような結果。
  • 再検査をしたのちにも同じような結果が出てくる。

この場合は、精管ではない部分を切ったのかという疑いをしたくなることもあります。

しかし、きちんとした医療機関であれば、基本的に精管を病理検査という形で確認して、その対象が精管であることを確認しています。

なので、ただ単に失敗という言葉に置き換えるのも間違いになりやすい。

その代わりに、実際に2本に分岐しているような可能性があれば、再手術を費用を別途支払いながら受けることもある。

これだけの稀なケースに対してない野かあるのかまでを確認して行うような手術は基本的に行っていない。

だからこそ、未然に術後の事故を防ぐことを考えているなら、確実に精液の中に精子がない。

このデータを確認した後でなければ、安心はないと思うことが大切です。