過去に結婚と離婚を経験している。

自分の子どもはもうすでに誕生している。

離婚後の再婚はしたいが、自分の子どもはもうこれ以上欲しいとは思えない。

自分のような男性は、自分の意思だけで、これから付き合うかもしれない女性の意思を問わずに避妊手術を受けていいのかな?

自分の将来を考えて、今既にいる子供の教育費や養育費などを支払う事になっている現実。

こんな状況から次の再婚をできたとしても次の家庭は夫婦二人でのんびり過ごしたい。

こんな男性はパイプカット手術を自分で決めることは可能です。

彼女無しのバツイチ男性も子どもありは問題なし

 

自分で子どもを育てていない状態で、母親が面倒を見ているような家庭環境。

このような条件での生活をしているバツイチ男性は多いはず。

その結果、自分の元には誰も元の家族の血縁者がいない。

親権の有無を問わず、あくまで子供がいるという状況があれば、独身男性でもパイプカットは以下の事情が適用されて対応が可能になる。

経済的な事情への不安要素。

自分の子どもがさらに増えることで、経済的に不安がある。

この答えに対して、年収とか兄弟の数なんてことは何も関係ない。

自分が今後の人生では子供がいらない。

この決断を下すことは可能になります。

しかし、独身になって、その後の再婚を希望しているなら、独身時代に決断することはあまり好ましい事ではないとも言えます。

彼女がいない状況の決断で印象悪化

自分が彼女を欲しいと思ったときに切り出すタイミングも悩みの1つになりやすい。

さらに、もし発言して、相手からの反応が「身勝手」ととらえられたら?

この価値観はあくまで夫婦の問題になっていくこと。

再婚の時に子供がいるいないを問わず、その後の人生では自分たちの子どもも欲しいと願う女性もいる。

このような相手にもし自分が恋愛関係を希望したら相手はどう思うだろうか?

自分で勝手に決めてしまったことをその場になって悔やみ、再手術を検討しても成功率は不明。

このような状況になった時が、もっとも治療の効果を問わず、後悔をする可能性がある。

あなたにとっては一時的な感情としても将来の事を心配しての判断かもしれない。

しかし、女性からしたら、将来の好きな人との間に子供を持ちたいと思う夢も希望も奪われてしまった状態になる。

この価値をあまり簡単に考えない方が良いのではないでしょうか?

あなたのその思いつめた事情を含めて、可能ならその現実を付き合う前に相談するくらいのほうが良いと思います。