避妊をしなければいけないのは分かっている。

でも男の避妊方法としてコンドームを使うと厚みとかサイズの問題ではなく、感度が変わってしまうと感じている。

商品が変わる度に毎回感度が違うという人もいる。

これでは、いつまでたってもセックスを心のどこかで楽しめない。

かといって生で避妊の為に外出しというのは、リスクが高いと思ってしまう。

こんな状態での避妊方法って何か無いのか?

この答えには、男性が子供が将来欲しくないという気持ちを持っているなら検討できる方法がある。

コンドーム感度心配不要の避妊方法

 

コンドームが不要なセックスを楽しみたい。

相手の安全な日にしかコンドームが外れる事などを心配しなくて良い状態は辛い。

このように悩んでいるなら、まずは子どもがいる状況があっての前提にはなりますが、将来1人でも子供がいる環境なら、配偶者の同意があれば、パイプカットという男の避妊手術を受ける事が出来る。

コンドーム不要の性生活はいろいろ楽

私はもうパイプカットを受けて数年という時間が経過していますが、全く避妊具を購入するという経験がありません。

むしろ、今更付けるとなったら、違和感といようりも嫌悪感になって今うと思っています。

子供ができる不安が全くない。

避妊具の保管、購入などのリスクや不安も無い。

避妊具を付けるという手間も外した後の処理なども不要

手間も時間も取られない。

結果的に、始めるのも終わるのも何も処理をする必要がない。

中出しをするという事以外に考える必要がない。

こんな楽な生活は無いと思います。

そして、妻としても、中出しで終わる方が、いろいろ処理が楽だという事も知った。

結果的に男性にとっても女性にとってもリスクがない。

解放された快楽はストレス解消にも役立つ

避妊が必要なくなる性生活というのは、男女ともに気にする事がかなり減ります。

体調さえ問題なければ、妊娠のストレスがない快楽を望むことが出来る。

別に何かを用意しなくても良いし、何より負えた後の男にとっては、1ヶ月後の失敗したかもしれないという不安を背負い続ける時間が全くなくなる。

万が一、相手が妊娠したということを言われてもいざとなれば、自分の体からは精子が無いことを証明できれば、身の潔白は証明することもできる。

単純に、自分が楽しむことに集中できる条件を作るというのは、感度の問題としても精神的要素が亡くなる分、長持ちにつながる可能性もある。

あなたもいつか解放される日を目指してみては?