夫の価値観としては少しでも早くパイプカットを受けたい。

でもちょっとでも周りと違う考え方として避妊を手術という方法で考えた時、ふとこんなことを疑問に感じている人もいる。

「子供の数が1人、2人、3人、4人など兄弟が何人という時が多いのだろうか?」

男の避妊手術を受けるきっかけというのは、子どもの数という考え方でまとめられるようなことではありません。

実際に医療現場で患者さんの悩みを聞いてきたからこそ伝えられる内容をご紹介していきます。

パイプカットと子供の数の関係

 

子供が何人目が生まれた。

この考え方を中心に避妊手術を考えている男性の多くは、奥さんの状況を考えている人が多かったです。

年齢

子育てのストレス

出産に対する体の負担

何人目の妊婦生活で感じた今の状況

いろいろな家庭の事情がありますが、奥さんをそばで見ていて、自分たちの今後の状況を考えたら、あくまで子供の数はもう打ち止めで良いかもしれない。

このようなことを奥さんがスムーズに夫婦の会話に口にしている。

こんな背景がある男性ほど子供の数が避妊手術のタイミングということが多かったように感じます。

子供の数は多くても少なくても需要がある

子供が1人でも姉妹や兄弟を求めていないというパイプカット相談者がいるのも現実です。

一人っ子政策ではない。

しかし、経済的な事情や奥さんが働けない環境でのこれ以上の子どもの数が増えるのは限界。

睡眠不足や夜泣きなどにより夫婦別室になったりという子育ての経験がもうこの先もう一人生まれて同じことを繰り返すことを考えたら、それは無理。

このように、子育てにおける当たり前も体力や精神面のストレスに感じているケースもあります。

こうなると、子どもが一人だろうがとにかくもうこれで終わり。

このように旦那さんが奥さんに同意をもらってから、妊娠という文字を気にしないセックスができるために避妊手術を求めるという事もあるのです。

パイプカットは子供がゼロでも夫婦なら可能?

もともと体の弱い奥さん。

もうすでに中絶や流産などを経験している。

このように身体的にも辛い状態を経験している奥さんが今後妊娠をするのはつらいこと。

こう判断している場合は、あくまで母体保護ということも考えた流れの中で、夫婦の決断としてパイプカット相談をされているケースもありました。

あくまで子供がいることだけがすべてという事ではありません。

しかし、妻帯者であることは、しっかり守るようにした方がスムーズです。