今の年齢でパイプカットというのは決断するのは時期早々となるのだろうか?

手術を受けた後で、再手術や再生治療を依頼したくなるような事にならないだろうか?

妊娠都下避妊という言葉に対して感じる不安を解消するために治療を受けることを検討している人も多い。

しかし、そのタイミングを年齢や1人目、2人目、3人目の子どもの数や離婚後の独身になった時などでいつが良いのかを迷う。

結果的に自分がいつ治療を受ける事が正解なのか?

このような悩みに対して、実際に治療を受けた体験からご紹介していきます。

男性避妊手術と精神面

 

結局年齢を重ねた時よりも傷は若い時の方が治りが早い可能性は高い。

持病を抱えているわけでもなく、健康診断などで病気の疑いとなる再検査なども必要がない状態。

こういう自分の健康に問題がない時期はシンプルに子どもがいらないと思う気持ちで動きたいと考える人も多い。

しかし、わざわざ手術を受ける必要が本当にあるのか?

こんな悩みで思いとどまることがあったら、まずは環境を含めた精神的なストレスについても考える必要があると思います。

条件が不足した時の決断と将来

自分がもし子供がいない状況でさらに独身で治療を決断したら当然その後の女性との出会いの先に悩みは生まれてきますよね。

子供がもう1人欲しいかもしれないという夫婦の会話の中で、今はいらないという時に、不意に出来る事を過剰に心配した決断では、やっぱりほしくなったという事も可能性があります。

結果的に、合意する相手の存在と子供の数という考え方について、相手との十分な話し合いがなかった時に自分1人で決断をするというのは、正直リスクしかないと思います。

子供ができないことで経済的な負担がないと男性が考えるなら、やはりこの言葉だけで決断するのは危険だと私は伝えたい。

自分にもし子供を育てるという事に自信がないという時があったとしてもやはり女性の求める妊娠や出産の希望を無視した行動は後に後悔を生み出す要因もゼロではありません。

しかし、反対に自分が子供が欲しいと思っても、相手が全く望まないから避妊手術を受けてほしい。

このようなケースについては、相手との結婚生活の価値観の不一致などを含めてどうしても今の相手を選ぶ事情がないのであれば、自分の意思を尊重してじっくり相手との破局を含めて検討するのも一つの生き方だと思います。

人生は一度きり。

でも、大きな決断をする時に条件がある場合は、年齢よりもその条件の意味と価値を満たすことを優先してみてください。