男性パイプカット後遺症はある体験記ブログを紹介しています
男性が避妊手術を受けるとどうなる?

パイプカットという方法で手術を受けると術後に後遺症がある?

実際に治療した人は検査の後で何の問題もない?

二人方法って男性からするとやはり面倒でも仕方なくという人も多いはず。

妊娠はもうこれ以上避けたい。

子供が出来ることを恐れながらではどこか最近女性との夜の営みも楽しみがなくなってきた。

性の問題の中でもやはり大きな問題となりやすい妊娠。

当然夫婦の問題でもあり、結婚後に女性から希望の声が聞こえてくることも少なくない。

これ以上子供ができても精神的にも肉体的にも辛い。

妊娠はしたくないけど夜の営み関連の行為を終了するには早い。

このように男性女性がお互いに希望がある中で合致する方法の1つにパイプカットがあります。

しかし、射精を含めて、治療した後で後遺症を患うような事があるなら、やはり見送る可能性もある。

でも周囲に簡単にそういう相談が出来る人もいない。

こうなった時ネットで検索して実際に体験した人の意見を聞くことも大切なことだと思います。

私も男性のパイプカット治療を受けた男性の一人。

そして、方法的にも他のクリニックと同じような精管結紮で行いました。

精子が無い。

この状況を作る事がどれだけありがたいかを最近つくづく感じる事が出来ています。

今回の記事の投稿では、自分がもう既にパイプカットの施術を受けて数年時間を経過させている事からも安心してほしいと思える内容を紹介しています。

今まさに夫婦の中で何度も治療する可能性があるなら見送ろうと話をしているなら、ぜひ知っていただきたいと思います。

男性パイプカット術後に後遺症はある?

男性パイプカットは術後に後遺症があるかを紹介しています
結局その度に、完全に避妊をしておくべきと思う時には、コンドームを使用するのが一般的な考え方。

しかし、コンドームも他の商品も何か違うのかと言えば、決して全て完全というわけではない。

むしろ、詳細を確認したら、術後に妊娠してしまったという声がある時もある。

実際パイプカットを受けた立場としてご紹介していきます。

パイプカット手術の後遺症は無い?

パイプカット手術の後遺症は無いかを紹介しています
私はもう2年近い時が経過しようとしている時期に今までに何が起こったのかを書いています。

完全に詳細が不明だったわけではなかった治療の前の私の医療現場に在籍したからこそ持っていた認識。

術式などの違いを知った上で、術後の睾丸の様子や性欲、精液の変化なんてことも心配はあまりしていなかった。

こういう楽観的な状況ほど危ないと思う人もいるはず。

でも現実としてなにも起こっていない。

むしろ、以下の事だけははっきり言える。

  • 解放感を感じる。
  • 違和感をそこまで感じなかった。
  • 完全に傷が治ったという時期は正直きれいにしていたら治った程度。

年齢とか状態とかその時のストレス状況。

いろいろなことが体の自己免疫に対しては作用する。

もちろん、人生初めての手術だという人も中にはいるのかもしれない。

しかし、精管という管を切断する治療であることは、決して、内臓の太い血管を傷つけてしまうような処置ではありません。

出血量は非常に少ない。

麻酔もそこまで感じる場所ではない。

このように感じたのが私の個人的な感想です。

やはり緊張をしない環境を選ぶ事が最も重要だと私は今回の治療を受けて強く感じました。

私が実際に受けたクリニックについて、評判という表現で紹介しています。

メンズサポートクリニック評判パイプカット体験記