避妊を安全にしたい。

精度の高い避妊方法を探した。

避妊率という言葉がネット検索上でも目立つ。

そして、男性の中には調べたという言葉を平然と使った上で、女性にピルを勧めたが拒否をされた。

この現実が自分にとって最善のはずなのになぜ断ったのか?

こんな被害的な質問をしているケースもある。

はっきり言えば、男性の無知のひどさに女性が嫌悪感を抱くのも無理がないと思います。

ピルは安全!

副作用もほとんどない?

果たして本当にそうだと思えますか?

だとしたらなぜピルの推進が進まないのでしょうか?

この答えには、女性の使用経験者が太ったことや便秘や下痢などの体調不良を訴える事ばかりではなく、色々な症状に悩まされているから。

どうしても必要なら、コンドームでも何でも男性が責任ある行動を取るべき。

この答えに私も賛同しています。

今回の記事では、彼女や妻にピルを拒否された時の男性の考えておくべき視点についてご紹介していきます。

妻や彼女がピルを拒否する理由

妻や彼女がピルを拒否する理由を画像と文章で紹介しています
例え、男性が購入資金を渡すようなことがあっても、女性は拒否をすると思います。

当たり前の考え方として、男性は女性の気持ちをこの場合考えてあげるべきだと私は感じます。

妻や彼女に避妊の責任を押し付ける行為

妻や彼女に避妊の責任を押し付ける行為を画像と文章で紹介しています
いわば、妊娠というのは、合意の元の行為の延長に至った結果。

このように言えば男性にとっては都合が良い。

しかし、避妊をするしないという問題の前に、女性は自分の年齢や健康状況、将来などを考えて妊娠や出産を希望する事が基本的な考え方。

その女性の考えよりも、快楽優先として、避妊に付き合ってくれ。

このように押し付ける男性の私利私欲の発想が今回のような拒否をされたという言葉からも伝わってくるのです。

そんな相手に信用も将来も預けるような勇気を持つ人は少ないのではないでしょうか?

男性が避妊に向き合うべき思考

男性が避妊に向き合うべき思考を画像と文章で紹介しています
快楽の為だけに彼女や妻の気持ちを考えずに、体の負担もすべて自分が楽な方を選ぶ。

このような考え方に至る人になってほしくない。

既婚者であれば、夫として妻に同意書を記入してもらえれば、避妊の手術を受けることが可能になる。

精子が出せない体になれば、妊娠の可能性はない。

たったこれだけの事を結婚後では考えることが出来る状況なのです。

妻への妊娠の身体への負担を考慮した決断。

経済的な事情を背景にした子供の数の問題。

このような課題を抱えているなら、まずは奥さんに自分の性欲や今後の夜の営みと妊娠のリスクを話し合いながら、堅実的な避妊方法を考えてみてください。