子供が今からできるのは正直人生の計画には誤算になってしまうという時期もある。

仕事を転職したとか離職したばかりの時期。

リストラなどになってしまった時。

子供の教育費が想像よりも高かった時。

結婚後の奥さんが仕事に復帰するまではかなり家計が大変だと思う時。

工場などで契約期間の終了で仕事を失う可能性がある時。

いろいろな人生のタイミングで、男性にとっては、避妊方法をいろいろ考えるタイミングもある。

出来るだけ節約をする。

そして、何より安全で確実性の高い方法を探す。

私はこの答えに、自らも精管結紮術という治療を受ける道を選びました。

パイプカットをなぜしたのかに多い3つの理由でも、医療現場に聞こえてくる避妊手術に至る悩みをご紹介しています。

今回は、男性の避妊方法の中でも節約を考える上でのポイントをご紹介していきます。

男性の避妊法と節約の注意点

 

男性の避妊方法には、コンドームの使用を想像する人も多い。

確かに、きちんとした使用をしていて、素材も丈夫であれば問題がないこともある。

しかし、実際にコンドームもサイズが合わないとか外れてしまっていたなどの状況から役目を十分に果たせなかったという事も珍しい話ではない。

自分のせいではないとは、男性の場合は言えない。

きちんとそういう部分も含めて管理をしていなければならない。

でもこんなことを繰り返す日々に疲れてしまう人も多い。

男性の避妊具の弱点

上手くいけば大丈夫。

こんなタイミングとしてはあまり良いとは言えない時でもお互いの性欲やムードなどにより機会が巡ってくることもある。

こういう時に、避妊具だけに依存する考え方は、以下のような弱点もある。

その商品が廃盤になった時の次の安心できる同等の商品が出てくるかどうか?

商品のサイズ感が自分のペニスの老化により、想像していたよりも合っていないと気付くのが遅れた時。

手持ちの商品がない時、すぐ近くに販売している場所が分からない時。

このような状況では、自分の状況に合わせて常にストックを用意しておくという言事を口にできない状況もある。

売っていないのであれば、仕方がないし、その時の対応も臨時商品の不安を背負うことになる。

結果的に物に依存する考え方そのものが非常にリスクと言える。

だとすれば、逆に避妊具を使用する必要がない体になってしまえば話はもっと簡単になっていく。

自分が今後の人生の中で後何ねん行為を行うのかわからないとしても、直近の時間の中で、不測の妊娠を考えなくて良い体。

この安心の方が避妊具購入よりも精神的な部分を考えたら節約になっているのではないでしょうか?