夜の営みは年齢的な制限があるわけではない。

求める相手が居て、相手も合意している関係なら、そういう時間が訪れる。

しかし、男女の間では、いつの時代でも妊娠という結末に対してのストレスが付きまとう。

認知したくない

これ以上はいらない。

このような気持ちを持っていても欲には逆らわない。

こんな時、多くの男性がこう考えている。

コンドームさえあれば大丈夫なはずだ。

既婚者の約8割はコンドームしか使用しない避妊方法を実践しているのが日本の実態。

しかし、この行動にも面倒とか手間とか経済的な事情などいろいろな悩みがあるのも事実。

外れてしまったり、破損して機能していなかったり。

結局は、何をしても本当の意味での安全確保する方法はないのかもしれない。

こんな気持ちになっている人に伝えたい成功体験をご紹介していきます。

男の避妊方法で手間がないやり方

 

別に誰かに何かをしてもらう必要もない。

自分でも特に何か準備をして始める必要もない。

そのままの体で、相手との時間を過ごすことが可能な方法があります。

それが男性の避妊手術である精管結紮術。

自分の体にメスを入れるということに恐れを感じる人もいるかもしれない。

でもたった1時間程度の時間の中でただあなたは横になって治療が終わるのを待つだけで、終わってしまう。

その後に精子が残っているのかを確認する精液検査を受けると、実際に精子が含まれていないという事も証明され、はれて避妊方法を考えなくてもよい体になっていく。

男の避妊方法はリスクと背中合わせ?

避妊手術を受けた時には、何か副作用やデメリット、後遺症みたいなことは無いのか?

男性の中には、危険性という言葉を過剰に気にしているケースも多い。

しかし、この答えはあくまで私は医療現場の経験と自らの手術経験を通じて、はっきり言えることがある。

それは、何も害を感じることはなかった事。

別に性欲が落ちたり、やる気が無くなったり、変に病気になるなどのリスクも何も経験していません。

だからもっと、自分の体にメスを入れる事をこの件に対してはそこまで心配をしておく必要はないと思います。

費用的に考えても採算性は高い

パイプカットを希望する人は、20代から60代まで幅広い。

60代でも結果的に自分がセックスする機会を持つからこそ手術を検討する。

この時のその後の人生に対しての避妊具の投資額だけを比較するのではない。

自分の精神的なストレスを考えてみよう。

きっと気が楽になる方法と判断ができると思います。