子どもがこれ以上はもう経済的にも子育ての体力的にも厳しいと心配する夫婦も増えている。

東京、神奈川、千葉、埼玉という一都三県エリアでの生活を送る人たちでも今の生活の維持が厳しいと感じる人も多い。

このような状況の中でも、せっかく結婚をしているなら、夫婦の営みは続けたいと願う。

セックスレスという言葉が社会的にも増えている。

でも子どもが欲しくない事とセックスレスは別の問題と考える夫婦も多い。

この時の強い味方になるのが、男性の避妊手術。

女性の避妊方法としてアフターピルなどを服用するよりも副作用などの心配がないのも安心の要素。

しかし、奥さんから旦那にどうやって避妊手術を勧めるべきか?

この時に注意して欲しいポイントをご紹介していきます。

夫に避妊手術を勧める失敗原因

子どもがこれ以上はいらないことに同意をしている。

だったら、避妊手術してその後のセックスを楽しもう。

こんな言葉の流れが夫に通用する人は何も悩みがない。

しかし、この言葉の流れの先には、以下のような反応が多い。

リスクは?

副作用は?

何かあったら?

痛いのでは?

夫の弱さが露呈する。

妊娠、出産という大きな人生の経験を済ませた女性からしたら、出産時の苦しみからしたらたかが10分、20分。

数時間単位が当たり前になる出産を1名以上経験している女性からしたらチキン男に見える現実。

しかし、そんなことを言ったら逆切れするかも!

まず最初に意識するのは、男はチキンだ!

この言葉を考えないまま、理解や共感をしてくれるはずだ。

この期待をあまり過度に持つことはあまりお勧めできない。

ではどうすればいい?

男性が避妊手術を受けるきっかけ

妻として今後もまだまだ夫とのセックスを楽しみたい。

この気持ちを素直に伝える事の方が価値が高い。

妊娠という言葉や避妊という言葉をあまり考えさせないことがポイント。

中出しを自由にできる。

コンドームなどの購入も処理もしなくて良い。

楽ができるし、快楽も増す。

このイメージを相手に与える事が非常に重要になっていく。

あくまで避妊手術は夫婦にとってセックスをより楽しくするための方法として考えさせる。

この流れがあると、やはり男としてはそのリスクや後遺症なんて言葉よりも人生楽しく過ごせる事の方が価値があるように感じやすい部分もある。

妊娠、出産、子育て、教育費なんて文字はもう子供を持った今までで十分認識しているし、責任の重さも自覚がある。

普段の仕事のストレスに避妊という言葉を快感に変えるための誘い方。

この意識を元に誘い方を工夫してみてください。