パイプカットと亀頭増大を新宿や横浜で一緒にやってくれるクリニックはあるのか?

形成外科、美容外科などの男性専門のクリニックで治療を検討する人向けにご紹介しています。

パイプカットと亀頭増大同時治療のメリット

パイプカットと亀頭増大同時治療のメリットを画像と文章で紹介しています
実際に精管結紮術を受ける人の中には、包茎、早漏、増大、短小、長茎、ED、AGA等実に様々な治療を複数可能なら一緒に行いたいという人がいる。

私も現場で10年以上患者様と接してその悩みの方向性や次に考えるよりも同時に治す事の安心について色々聞いてきました。

その中でも複数を同時に治すことに対するメリットを強く感じたのは、以下のような場合です。

  • 包皮が切れる、赤くなるなどの悩みを抱える人が包茎手術を同時に行う。
  • 亀頭のブツブツなどがあり積極的になれない人が除去の治療を行う。
  • 夫婦のマンネリ化を感じる人がシリコンボールの治療を受ける。
  • 早漏が心配な人が強化や亀頭の増大の治療を希望する。

このような治療を予約の時からすでに一緒に行いたいという意思を示されることも多かったです。

やはり、一回で終わるということは、通院などの手間もかなり省くことが出来る事。

さらに、同時に複数の治療を申し込むことでセットの割引などを適用してくれる事。

このような違いを感じると、実際に安心できると思います。

パイプカットと亀頭増大同時治療のデメリット

パイプカットと亀頭増大同時治療のデメリットを画像と文章で紹介しています
やはり、精管結紮術でも傷があるということは、変わりません。

複数の内容について同時に治療を受ける時に、どうしても心配性な性格が表に出てくるタイプの人もいると思います。

  • 傷の治り方が違う時にどうして片方が悪いのかを悩む性格の人。
  • 自分が予定をぎっしり入れてしまっていて、いつまでに治ってほしいと強く感じている人。
  • 他人に跡などがバレるのかをまず最初に心配している人。

このようなタイプの人には、傷が増えるということそのものが心配になってしまって、なかなか安心が出来なくなる可能性もあります。

ですから、同時のセット割引などがある場合でも、やはり自分の性格的に2つ3つの傷のケアがある時、焦りや不安を強くする原因にならないか?

この点は、個人差という傷の治りだけでなく、本人の術後の安心の為に清朝に選ぶべきポイントでもあると思います。

パイプカットと亀頭増大同時治療と相談方法

パイプカットと亀頭増大同時治療と相談方法を画像と文章で紹介しています
自分が実際にどこに相談する方が良いのか?

私は、実際に男性専門の美容整形の治療を専門で行うクリニックに相談をしました。

パイプカットどこで?元現場担当者が選んだクリニック