パイプカットに抜糸は必要通院不要どっち体験記を紹介しています
パイプカット手術を受けたい。

パイプカットも術後が心配だ。

精液検査で精子の様子をチェックしてもらう必要があるみたいだ。

自分が、術後に時間を取れない時、抜糸の通院が必要なのは厳しい場合はどうなる?

男性の避妊手術を必要としている人のパイプカット後の抜糸について体験をご紹介していきます。

これまでにもパイプカットについては以下のような内容をご紹介してきました。

精菅切断手術が必要になった理由クリニック治療体験記

精管結紮術費用|神奈川東京比較体験記

パイプカット川崎周辺クリニック選びおすすめ体験記

パイプカット相模原周辺クリニック選び方

パイプカット神奈川県病院とクリニックの違いは何?

パイプカット費用神奈川クリニック選び注意点

パイプカット横浜安いと安心の比較ポイント

実際に私がパイプカットを依頼したクリニックもご紹介しています。

東京と神奈川でパイプカット安いしおすすめ!治療体験記

当サイトは、包茎、亀頭増大、ed(勃起不全)治療薬処方、agaなどの治療を行っている美容外科のクリニックで治療を受けた体験をご紹介しています。

今回は、自分が受けた時の特徴を含めて治療前に気になる人の悩みをご紹介しています。

パイプカット抜糸の必要性

パイプカット抜糸の必要性を紹介しています
パイプカットは、睾丸のある陰嚢(金玉袋)に局所麻酔を使用し、右左を1箇所ずつ切開を行って行われる治療。

当然、治療を行った後には、陰嚢にわかりやすい傷が見えます。

しかし、この部分に糸がついている。

さあこの縫合部の糸は経過で抜糸を必要とするのか?

この点をご紹介していきます。

パイプカット抜糸不要の糸を選択可能

パイプカット抜糸不要の糸を選択可能を紹介しています
抜糸を行う糸。

抜糸を不要の糸。

当日診療や診察を行い、その後に詳細をカウンセリングなどで治療を受ける前に確認させてもらえる時間が必ずあります。

この時、院に直接抜糸を不要にするように依頼をしておくことが大切。

私も実際に治療を受けた時には方法以上に、やはり通院の心配を先に心配脚ていました。

この内容に対して、クリニックは特に困惑することなく、快く受け入れてくれました。

パイプカット抜糸をしたい人は?

パイプカット抜糸をしたい人について紹介をしています
正直、通院などもアクセスとして気にしない場所で治療を依頼するという人もいるはず。

この場合は、切開しているのだから、一度状態を診察してもらいたいと思う人もいるかもしれない。

この場合も来院をしたいと思う患者の意思に対して基本的に再来を断ることはしないと思います。

確かに、精液検査などの予約を予定するのもパイプカット治療希望者の通院予定の一つ。

必ず検査を受ける義務はないですが、やはり効果をある程度検査という数字の上で確かめるのは大切なこと。

この時に患者側がそのまま抜糸の予定も相談するというのは良いと思います。

妊娠をさせない為の手術であることから数ヶ月後でも必ず検査は依頼しておくことをお勧めします。

実際に私がパイプカットを行ったクリニックについても詳細をご紹介しています。

パイプカット東京と神奈川で安いしおすすめ!治療体験記