パイプカットすると病気のリスクは高まるのか?

こんな声がネット上では色々なサイトで個人が書き込みをしている。

別に何か病気になるリスクがあることをわざわざする事はない。

医療機関で医師が執刀し、リスクやらクレームをやはり提供する側が色々考えている時代。

前立腺がんとか男性の病気について御結局は、パイプカットを受けた人と関係があるのかも確立が出来ていないような状態。

そもそも前立腺がんを検診で受けている男性が少ないことも発見の件数が少ない要因になっているのは日本という環境で考えれば、どこまで何が関係しているのか疑問も多い。

私もすでにパイプカットを受けている。

そして、医療現場でも10年以上前にパイプカットを受けている人が病気になったという事も聞いたことがない。

このような状況も含めて今の時点では色々なことを憶測で考えても結論は出ないと私は思っています。

むしろ、避妊をしないまま不測の妊娠を迎えた後の方が精神的なストレスにもつながる要素があると思ってしまう。

パイプカットを受ける前後の病気やストレス

子育て世代には、いろいろな病気の可能性が潜んでいる。

夜遊びが好きな男性には性病(性感染症)も心配が増える。

そして、高血圧や糖尿病など親からの遺伝などを心配する病気もいろいろある。

癌家系なんて言葉から自分もいつかどこかの箇所ががんになるだろうなんて会話をしている人も珍しくない。

でも、そもそもストレスが原因で起こる病気のほうが今は深刻さを増している。

その対象となるのが、仕事や収入と子育てと関係していることも多いと感じる人も少なくないはず。

こうなると、結果的に自分が快楽を求めるための夫婦の営みがリスクとのたたかいになってしまっている一面もある。

私は不測の妊娠をもうこれ以上は経験したくないという環境にいた。

このストレスから解放されたことは少なからず、自分の人生の中で、背負う必要がない環境になったと思える。

そのために、10万円から20万円程度の予算を捻出しても十分自分の残りの人生で採算性が合うような気がする。

パイプカットを受けても性病予防にはならない

パイプカットは避妊手術。

別に精管を切断したからといって、性病に感染しないなんてことはない。

当然、コンドームなどを使用しないと感染しやすい箇所があれば、当然病気をもらってくることもある。

この点はちょっと勘違いしている内容があると思って紹介をしておきました。

あなたは何を手術を受ける事へのリスクと考えて避妊手術を考えますか?