もうこれ以上子供が欲しくないから、簡単に日帰りで終わるパイプカットを受けたいと考える男性も増えている。

子供の数と仕事の給料の問題。

奥さんの年齢や妊娠、出産が大変と感じる環境。

子育てにおわれて精神的にも肉体的にも疲れている夫婦。

子供がいる環境で離婚を経験して、この先の奥さんとは結婚しても子どもは望まない希望者。

いろいろなニーズがあって、男性の避妊手術の需要は存在している。

しかし、そもそも子供がいらないと判断するのは、独身男性の立場的事情だけでは受け入れないクリニックの方が多い。

その理由を現場経験者がご紹介しています。

パイプカット同意書不要のリスク

日本全国を探せば、一定の年齢を超えた場合に限り、男性のパイプカットを独断で決められるクリニックもある。

しかし、一般的な考え方としては、やはり子供が欲しいと望む女性の意思を尊重した考え方が強いのも現実。

パイプカット同意書にサインしない妻の存在

パイプカットを受ける事の影響は、決して浮気防止とか子供がいらない意思表示というために使われているわけではありません。

あくまで、家族の経済的事情や母体を保護する意味での対応策として提供されている技術。

もし男性が勝手に精管結紮術を受けてきた状態で、その事実を知らないまま結婚した女性がいたとします。

結果的に子供が欲しいと妊活をしても結果的に精子が出ない体であると数年経過して知ったらどうでしょうか?

こんな相手と何年も時間を無駄にした、騙された。

このように言われてしまうことは十分に考えられます。

さらに、夫婦のトラブルには、医療機関は一切何も言えないという事があったとしても、治療をしたクリニックに女性からの問い合わせが入ることも十分に考えられる。

一時的な治療を承諾したことで生まれる二次的なトラブルには長い時間と労力を要する可能性もある。

こんなリスクを背負ってまで本来積極的に健康な体に対して施す必要のある治療と言えるのでしょうか?

あくまで男性の一個人の主観が主になって、精管結紮をしなくても避妊は完了するのに、わざわざその治療を受けさせる。

こんなことを快く受け付けてくれるクリニックはかなり少ないと思います。

同意書の効果も無価値の世界

医療現場では治療前にはいろいろな注意点を含めた同意書に署名、捺印をして頂くことが多い。

しかし、この時の価値観はいずれ時間を経過させた中で変わっていくことも十分にあるのです。

あの時はそう思い込まされた。

こんな発言をしているのは、どこの業界でもあり得るような時代になってしまった。

こんな対応をしなければいけないのも大きなリスクと言えるのです。