パイプカットを受けたのが独身の状態。

彼女がいなかったからちょうどよかったと思って決断した。

しかし、その後にできた彼女。

実際にパイプカットを受けたというのは、早めに行っておくべきなのだろうか?

その言葉を言って何か思われてしまうのも辛いから黙っておくべきなのだろうか?

聞かれないなら、そのまま放置していても別に問題になることはないはず。

自分の人生だからと、決断を結婚をする前に決断して受けてしまうとどうなるのか?

その後の彼女との関係で困ることがないかどうかについてご紹介していきます。

子供が欲しい独身女性の反応

 

精管結紮術を受けた男性の中には、一部に再生治療とか再手術を検討するなんて相談も実際にはある。

その背景には、「今の彼女となら、子どもが欲しいと思えたから」

こんな最初の決断を状況次第で簡単に塗り替えてしまう人がいる。

無駄な出費

独身の時に男性が自分の仕事や生き方の価値観の中で子供なんて養えるはずがないと最初から希望を持たない人もいる。

もっとシビアに見ている人の場合は、結婚なんてしたら子供が欲しいと言われるのが面倒だからと結婚もしたくないというケースもある。

確かにこういう価値観を共感してくれる女性もいるかもしれない。

しかし、その少数派ではない意見を持つ人に男性側が惚れてしまったら?

結果的に相手の求めることに対しては答えてあげたいと思う男性も多い。

結果的に最初に考えていたことを真っ向から否定する意見でも今の彼女を失うよりはマシという考え方になってしまうこともある。

結果的に、最初に受けた費用は全くの無駄になる可能性も考えておく必要がある。

女性からしたら不審の原因

子供がいないのに、まして結婚も経験していないのに、自分でパイプカットをする男性。

この印象からしたら、単純に女性が子育てという環境の協力を求められる相手ではないと全面的に否定されているのと同じ状況ともいえる。

自分の価値感ですべてを決めてしまうかもしれない。

こんな気持ちに女性が鳴ってしまえば、お互いを信用するという関係性は築くのが難しい状況になっていく。

やはり基本は、女性の身体を気遣い、経済的な事情を含めて、夫婦で決めるのが一番と言えるのが、パイプカット。

ただ単に個人的な主観だけで男性が一人身の段階で勝手に決断しても人生得よりも損の方が大きい可能性もあるのでは?

もっと慎重にきちんとせめて彼女が出来て結婚も目前という状況になってから考える方が良いと思います。