パイプカット手術後検査は早めに可能を画像と文章で紹介しています
パイプカット手術で男性の避妊具を購入する費用を節約したい。

もう2度と子供が欲しいと思えない状況になった。

でも禁欲生活やセックスの避妊の時期が長いのはちょっと苦痛。

できるだけ早く検査を受けるのはどうなのかな?

こういう悩みを持つ人も多い。

私はパイプカット手術を体験した一人。

そして、同じように禁欲生活があったのが苦痛でもあった。

でも早めの検査を受けたい時って注意しなければいけないこともある。

パイプカット手術後1ヶ月以内の検査は可能?

パイプカット手術後1ヶ月以内の検査は可能を画像と文章で紹介しています
クリニックによっては、2週間で検査が可能という医療機関もある。

でも実際に、検査を受ける前には、ある程度(私の場合は10回以上)は、検査前の射精を済ませておくように言われた。

その理由はやはり個人差がある中で、少しでも多くもうすでにできてしまっている精子を出しておいた方が結果も安定するということ。

出は単純に早めに抜き始めれば問題は解決するのではないか?

こんな風に思う人もいると思う。

でも実際に、傷が癒えていない時に無理に出すのは、意外とまだ痛みがある。

パイプカット術後の射精時の違和感でもご紹介しています。

あまりに期間が短いときには、精管が引っ張られる感覚が強くなる。

これが1つの悩みになる人もいる。

無理をしたくないという気持ちがあっても、実際には体の中が痛いので、表面ではわからない。

結果的に大事をとるような状況になると、1ヶ月程度時間が経過した後のほうがいろいろ安心できる人も多い。

射精回数と検査の結果

射精回数と検査の結果を画像と文章で紹介しています
検査を受ける前の射精回数が少ない人が検査を受けるとどうなるのか?

現場にいた時にはこういう結果が出てきたことがある。

妊娠の可能性がある数字との差が少ない。

残存精子の運動数が0ではない。

こうなると、結果的に一般的には妊娠の可能性が限りなく低いとなっていたとしても結果的に出来やすい夫婦だったらどうなるのか?という答えに対しては大丈夫と言い切れない。

つまりは、再検査をした方がよいという結果に至ることもある。

手間をかける事ももちろんですが、やはり自分の中でもう終わったと思えるような気分になったのが、思惑と違うけっかになるとストレスに感じる人もいる。

そして、その答えにあと何回射精が必要なのか?

このような答えを求めたくなる人も多い。

でも、その回数も個人差があり、5回等と明確な回答をするのも難しい。

だったら、最初から10回以上の射精行為を終えた後に検査を受けた方が無難ともいえるのではないでしょうか?