パイプカットを病院に相談しなかった理由現場経験者の声の紹介しています
東京、千葉、埼玉、神奈川など関東エリアにはさまざまなクリニックも病院もある。

愛知、大阪、福岡などの大都市にも大きな医療施設は多数存在している。

パイプカットを受けたいと思ったらまずはどこに相談するべきか?

こんな答えに、病院や泌尿器科、皮膚科なんて声も出ているネット上の検索の実態。

しかし、実際には病院でパイプカットの症例を見るということはかなり稀。

泌尿器科も同様。

理由は簡単。

外来という薬や処置を希望する患者様の対応が多い現実。

手術に執刀する時間の確保だけでなく、機材も人も必要になる現実。

こうした流れを含めて、医療現場を10年以上見てきたからこそ、自分で治療相談をする時には、病院には相談しなかった現実がある。

当サイトは、男性の避妊手術である精管結紮術(別名:パイプカット)を受けたい人に現場を知り、そして自分自身が治療体験者だからこそ伝えたい内容をご紹介しています。

今回はパイプカットを病院に相談しなかった背景をご紹介しています。

パイプカット病院相談の難易度

パイプカット病院相談の難易度を紹介しています
まず最初にお伝えしたいのが、病院という医療機関は簡単には相談ができない状況になっている現実。

  • 紹介状がなければ受付すらできない病院の管理体制。
  • 検査とは違い、すぐ当日そのまま手術を受けられる状況はほぼ皆無。
  • そもそもパイプカットを受ける為の受診そのものに受け皿になっている病院が少ない現実。

このような状況から考えていくと、結果的に相談することも含めて無駄足になる可能性が完全には否定できない。

パイプカット病院相談より簡単な方法

パイプカット病院相談より簡単な方法を紹介しています
そもそも保険適用が難しい治療である精管結紮術。

実際に治療を依頼するときには、以下のような考え方をしていく方がシンプルに依頼ができる。

  • 全額自己負担の自費診療のみを行うクリニックに相談する。
  • 美容外科という診療科に相談をする。
  • 土日祝日でも当日の手術が可能な体制で日帰り手術を依頼する。

この流れであれば、簡単に自分が行きたい日時を指定した先で予約が完了した時にそのまま治療をして帰宅が可能になる事が多い。

当然、自分の持病や服薬中の薬がある場合は、主治医に確認するべき内容があるかもしれない。

しかし、こうした事も含めてすべて事前の確認をしながら、できるだけ早いタイミングで手術を依頼できる仕組みを整えているクリニックを探す。

こうした選択方法があることをまずは知っておくことが大切。

そして、その先に、自分が不安を感じていることを合わせて確認していく。

痛みの不安。

術後の生活。

仕事の不安。

性行為の解禁日の悩み。

検査方法

色々あるかもしれないが、その1つ1つを無料カウンセリングを提供しているクリニックが多いため、どんどん確認しておくことが大切。