パイプカットを受けたいのに妻は反対。

そんなことをする必要はないと言われてしまった。

でも男性としてはもうこれ以上子供が欲しいと思っていないし、妊娠をされても素直に喜べない。

こんな夫婦の話し合いが決別した状態ではパイプカットは受けられないのでしょうか?

不倫対策とか浮気防止方法なんて言葉がある。

しかし、パイプカットはむしろ男の夜遊びを助長するような効果があるともいえる。

中出ししてもいくら回数を重ねてもできる心配がない。

こんな状態に夫の性格を考えたら、遊びに行くにきまってる!

こんなことまで奥さんが気にかけていることは滅多にない。

むしろ、何を考えているのかという点とどうすればいいのかを医療現場で10年以上携わってきた経験者がご紹介していきます。

パイプカット配偶者同意拒否の背景

パイプカット配偶者同意拒否の背景を画像と文章で紹介しています
なぜ奥さんはパイプカットを受けることに反対なんですか?

クリニックでの無料カウンセリングを希望される男性の中には、既婚者で子どもがすでに1人以上いる状況で、意見が分かれてしまったという相談も実際にあります。

でも勝手に同意書を偽造したりしたら、また夫婦の間でトラブルの原因になってしまう。

このような時、まずは奥様の意見として聞こえてきたことがある意見をご紹介していきます。

パイプカット配偶者同意ができない理由

パイプカット配偶者同意ができない理由を画像と文章で紹介しています
結婚後の生活の中で、旦那さんの自由に使えるお金がお小遣いとして管理されているなんてご家庭も多い。

しかし、その使い方について、こんな意見がきこえてきたことがあった。

「避妊具買えばいいだけの話なのに、なぜそんな大掛かりなことをする必要があるのか?」

「むしろ、家計の事をもっと考えてほしい」

子供がいらないと思う旦那さんの相談の中には、子供の養育費や教育に関する資金に対しての不安の声は確かに多い。

その点を奥さんは、5万円以上という金額から、子供たちの習い事や積み立てる預金にできないことへ不満を口にしていた。

避妊手術を受ける事が安全か危険かではない

避妊手術を受ける事が安全か危険かではないを画像と文章で紹介しています
単に副作用や後遺症なんてことを気にしている人がほとんどいないのも現実だった。

むしろ、必要ない。

この言葉で一刀両断。

結果的に、そのお金がもったいないからほかの事に使ってほしい。

経済的な理由を背景として拒否をされ続けているのが問題になっているようです。

ですから、この問題は正直クリニックなどでは何も解決の糸口がなかったのです。

ローンによる分割払いをするにしても口座の管理をされているのでバレてしまう。

クレジットカード明細も逐一チェックされている。

こんな状態ではさすがに現金しかないけど、そのお金を何に使ったのかを聞かれてしまったら?

こんな状況の場合は、まずはクリニックに行くよりもまずは夫婦でよく話し合うことが大切です。