パイプカットをして避妊具購入から解放されたい男性でも多くの人が痛みを不安に感じている。

痛いのが苦手。

注射を見るのも怖い。

まるで子どもの予防接種を受ける前の悩みのような延長で痛みの怖さから治療に一歩が踏み出せないまま時間が過ぎている人もいる。

私自身は、実際に局所麻酔の注射のみで治療を終えた経験があります。

しかし、実際に痛みに強いタイプだと自分でも自覚しているので、正直痛みの不安を持つ人が同じことをしても痛いとおもうのかもしれない。

そこで、医療現場での10年以上の経験から学んだ痛みの感じ方が少ないと思えた方法とその方法を実践しているクリニックをご紹介していきます。

パイプカット痛みの少ない麻酔方法

 

陰嚢に注射をする事は、決して痛みが強いような箇所ではありません。

例えるなら、インフルエンザなどの筋肉注射を受ける方が痛いと感じる人が多いのも現実です。

ですが、男性の場合は、自分が知らないことを経験すると金に極度のストレスや神経を過敏にしてしまうタイプもいます。

こうすると、当然大したことが無くても大きな反応をする事も多い。

だからこそ、まずは、痛みを緩和するという意味と内容を知っていただきたい。

痛みの感じ方が少ない条件

結局は痛くないと自分がどうすれば思えるのかということを知るのも重要。

私からしたら、まずは経験しておくべきは、スプレー麻酔などの表面麻酔を受ける事。

表面麻酔なんて子供だましと思うかもしれません。

しかし、実際にキシロカインという成分を使っているため、麻酔の効果と同じ内容が噴射されているスプレーとなります。

痛覚はしない時とする時では大きく違いがあります。

こうした事をすると、針を刺す感覚を和らげてくれる効果があります。

あとは自分が受ける時の精管を引っ張る時の痛みは数回施術中に感じるかもしれませんが、それが終われば終了。

では実際にこのタイプの麻酔をオプションではなく、採用してくれるクリニックをご紹介していきます。

スプレータイプの局麻採用のクリニック

私が実際に治療を依頼したクリニックは、メンズサポートクリニック。

詳細はページの下にリンクを掲載しています。

自分の経験から伝えるなら、個のクリニックの麻酔前の環境への配慮も非常に優れていました。

始めにクリニックに入った時のカルテを書く時間での対応。

とにかく終始緊張を緩和することへの配慮が徹底していたことに驚かされました。

まずは費用を含めてこのクリニックの方法を確認するのが私のお勧めです。