パイプカット術後飲酒はいつまで禁止体験記を紹介しています
パイプカットの術後が気になる。

晩酌をしている生活があるから、いつまで我慢できるか心配だ。

実際に治療を受けた人はどんな生活を送っているのだろうか?

アルコールを楽しみにしながら、仕事をしている男性も多い。

しかし、避妊手術とはいえ、切ったり縫ったりする治療を受ける時なら、当然傷跡や痛み、むくみや腫れ、出血などに影響がありそうな感じはわかっている。

でも今までの生活で自分の中ではもっとも楽しみにしている時間を奪われるのはつらいですよね!

クリニックの指示があるとしてもどこか経過の治りなども心配しながらタイミングを探したいと思う人もいるはず。

実際に私も2年前にパイプカット手術を受けています。

私は10年以上医療機関の現場で仕事をしています。

基本的なことを知り、経過などの患者様のケア方法や検査の説明なども業務として行っていました。

パイプカット術後については、痛みについてもご紹介しています。

パイプカット術後痛みで仕事は休む?体験記

治療経験者だからこそ伝えられる内容があります。

パイプカット術後飲酒に多い説明

パイプカット術後飲酒に多い説明を紹介しています
実際にクリニックで術後のケアや注意事項の説明を受ける時には、多少我慢ができるかどうかという点での確認をされることもある。

晩酌だけではない飲酒の機会

晩酌だけではない飲酒の機会を紹介しています
実際男性の場合は、会社の接待などをしなければいけない機会を持つ方もいる。

仕事上、常に夜も外食。

打ち合わせを兼ねた会食生活。

このような環境の中では、簡単にその場だけ断るということも難しいという人もいます。

こうした場合は、いつもよりも少ない分量のお酒を飲むことを伝えていたこともありました。

絶対禁酒。

この言葉が本来の安全を優先した上では決断をしておいてほしいと思う部分もあります。

しかし、子供ができないようになりたいと思っても、仕事の付き合いを犠牲にもできない。

こんな環境の人の場合は、断ってその先の会社の取引や自分の立場に影響がある方が怖いケースもあると思います。

だからこそ、術後という自分のケアをやはり成人としてコントロールしながら、出血、腫れ、むくみ、痛みなど考慮して対応して頂く。

このように欠点を把握して頂きながら対応する。

ただ薬を飲むだけということではないことを伝えていました。

術後の飲酒の影響を避ける工夫

術後の飲酒の影響を避ける工夫を紹介しています
少しでも経過に影響をおさえることを考慮して飲み会や接待に参加される場合は以下のような方法も有効な手段と言えます。

・ノンアルコールを入れながら時間を繋ぐ。

・野菜などアルコールの分解に役立つ効果の期待できる食材を摂取する。

もちろん、アルコールに強い弱いという体質の問題まではわかりません。

ですのでこうした工夫をしていただいても、最後は自分で飲む量を調整していかないとなかなか安心というわけにはいきません。

自分の体に無理をしないようにだけは気を付けてください。