パイプカットの無料カウンセリングってどんな注意事項を言われるのかな?

自分の仕事はちょっと特殊だけど休無必要があるのか?

忘年会や新年会や新人歓迎会などの多忙な時期に言ったら、全て欠席した方が良いなんてことにならないだろうか?

旅行の計画をしているが、急遽キャンセルをした方が良いという事にはならないだろうか?

いろいろな悩みがあると思います。

各家庭の事情や仕事の都合なども考えた上で、自分にとって治療後のケアに集中できるタイミングを探して多くの人が治療を受けています。

実際に現場で10年以上在籍したからこそ伝えておきたい注意事情の説明についてご紹介していきます。

パイプカット術後の説明に多い禁止事項

 

パイプカットの術後には以下のような注意点を伝えられることが多いです。

  • アルコール摂取についての注意
  • 女性との性行為や自慰行為に対する禁止期間
  • 術後の精子検査前における避妊の必要性
  • 下着に対する注意

このような内容を1つ1つ紹介されていることが多いです。

しかし、この説明はすべてのクリニックで必ず共通の認識になっている事ばかりではありません。

特に違いが出やすい部分をご紹介していきます。

パイプカット術後の説明に多い違い

パイプカットの術後のセックス解禁日。

この考え方もクリニックによって異なります。

2週間から可能

3週間から可能

1ヶ月経過後から可能。

1週間単位でおおよそ違いが出ていることが多い。

その違いはなぜ起こるのか?

これは、術後の治りが遅れる人に対しての安全策を考慮しての判断とも言えます。

傷が治るのが遅いというのは最初からあらかじめ予測ができる事ではありません。

あくまで本人の体調や体質などにもよって異なる部分。

そして、性交渉を行うことで、傷口が落ち着いていない場合は、雑菌などが侵入する可能性が十分考えられます。

このような状況に対して、あくまでも、傷口を安静にさせるために必要とする予備機関。

こうした考え方に違いがあるのです。

もう1つは、下着に対しての説明です。

術後の腫れ、熱感などを気にしている男性も多いです。

この場合、少しでも日常の下着が密着しているタイプの方が固定されていることで腫れにくくする環境を作りやすい。

この考え方から、優先的に下着をボクサーパンツにしてほしいと伝えていることもあります。

しかし、この点はトランクスでも何でも良いというケースもあります。

こうした細かな違いを比較していくことも自分の予定を考える上では重要だと思います。