パイプカットと亀頭のブツブツ同時治療が安いクリニック神奈川を画像と文章で紹介しています
パイプカットで避妊具などの購入の手間から解放されたい。

外だしとか不測の妊娠みたいなことをもう経験したくない。

このように考える男性が妻の同意書を持参して神奈川県内のクリニックを探す。

この時に、自分のペニスの見た目のコンプレックスの要因の1つである亀頭のブツブツをついでに除去してほしいと思う人もいる。

今回の内容は、亀頭のブツブツとパイプカットを同日に一緒に治療が可能なクリニックを神奈川県内でのおすすめでご紹介していきます。

このサイトは、パイプカット治療経験者であり、医療現場で実際に治療前からアフターフォローまでの患者様の対応を経験してきた担当者が現場の実態をご紹介しています。

パイプカットと亀頭のブツブツ同時治療は可能?

パイプカットと亀頭のブツブツ同時治療は可能を画像と文章で紹介しています
包茎、増大、ED、AGAなどの治療を行う専門クリニックでの治療。

病院や泌尿器科のような保険適用ではない医療機関での治療相談。

上記条件を前提として、治療が可能なクリニックをご紹介していきます。

パイプカットと亀頭のブツブツの手術を同時に治療を受けることは可能です。

実際の治療の流れについてご紹介していきます。

パイプカットと亀頭のブツブツ同時治療の流れ

パイプカットと亀頭のブツブツ同時治療の流れを画像と文章で紹介しています
まずはパイプカット手術をします。

その後に、亀頭のブツブツの除去を行います。

麻酔は、それぞれ麻酔の箇所が異なりますので、それぞれの対象ごとに行います。

パイプカットは、陰嚢の袋に注射にて局所麻酔を行います。

亀頭のブツブツは、包茎手術同様に、陰茎の亀頭直下部分に注射にて行うことが一般的です。

どちらの方が痛いのかと言えば、亀頭のブツブツの麻酔の方が痛みが強いです。

だからこそ、クリニック選びの中でも麻酔方法の工夫をしてくれている場所を選ぶことが大切になります。

亀頭のブツブツ除去治療が痛くない麻酔の特徴

亀頭のブツブツ除去治療が痛くない麻酔の特徴を画像と文章で紹介しています
フォアダイス除去、真珠様陰茎小丘疹の除去治療における麻酔の痛みを緩和するという視点では、以下のような比較が大切。

塗るタイプの麻酔を用意しているのか?

スプレータイプの麻酔を用意しているか?

段階的に局所麻酔以外の方法にて麻酔を行ってくれるのか?

このような内容をまずはクリニックのサイト内で明記してくれていることが非常に大切です。

人により異なる麻酔の方法というのは、治療中に痛みがあった時にしか注射以外の麻酔を使用してくれないことも多いです。

しかし、基本の考え方として、麻酔が何段階という決められた条件で提示しているときにはその通りに行う事が当然となります。

この安心を持つことが出来るクリニックは、私が実際にパイプカットを依頼したメンズサポートクリニックがお勧めです。

詳細は↓