パイプカット手術をせっかく受けて避妊から解放された時期にまた次の妊娠を考える男の人もいる。

なぜもっとしっかり夫婦で悩みを徹底的に話し合いしなかったのか?

30歳以上の独身男性であれば、その場の仕事などの条件などから考えたのではなかったのか?

こう考えると、決断力があいまいになった事に対する経緯も不安が残る。

だからこそ、今回のパイプカット手術をしたけど子供が欲しいという悩みもやはり一過性ではないのか?と思えてしまう私がいる。

しかし、本当にあなたが今のパートナーとなら、子供がいる方が良いと思えるなら、できる限り早めの行動をしておくことをお勧めしたい。

パイプカット手術後に子どもが欲しい時の病院選び方

パイプカット手術後に子どもが欲しい時の病院選び方を画像と文章で紹介しています
パイプカットの再生手術という表現を医療現場でも使っている。

しかし、再生手術の相談は、パイプカット手術希望者の10分の1にも満たなかったことが10年以上私も現場で見てきた現実だった。

ほぼ全員が再生を望まない。

ということは、再生手術を行う病院やクリニックもかなり少ないのかもしれない。

パイプカット再生手術を探す難しさ

パイプカット再生手術を探す難しさを画像と文章で紹介しています
そもそも再生手術を受けるクリニックなどを探す時に、多くの人は、手術費やメニューを見ていると思う。

でも実際にメニューに再生手術を記載しているクリニックは東京や神奈川などを見てもほとんど記載がない。

なぜか?

この理由には現場にいた時にも以下のように感じた。

  • 成功の可能性は未知数。
  • ただ繋ぐだけで妊娠ができるとは言えない現実もある。

この2つから考えると、どうしても成功という対象になる可能性は難しいのも現実。

結果的に妊娠の可能性がすぐさま戻るかどうかも回復の度合いに個人差がある。

だとしたら、どこまでの対処を考えて再生治療を受け付けるのか?

現場側としても、何か物を修繕するのとはちょっと意味が違う部分が出てくる。

パイプカット手術のセカンドオピニオン探しは大変

パイプカット手術のセカンドオピニオン探しは大変を画像と文章で紹介しています
実際に私も現場にいた時に、再生治療を紹介するような医療機関を患者様に提案したことはありませんでした。

大きな病院でも男性専門の美容整形でも基本的にはただ受け付けて結果を問わない手術だけを行った費用を請求するような考え方を持つ場所は別なのかもしれない。

もししっかりとそういうじっせきがあれば、治療費のメニューに再生治療の治療費も方法も書かれているはずですから。

肝心なのは、やはりタイミングをきちんと自分だけで考えるのではなく、パートナーがいる状態で総合的な視点から考えてから手術を受けるのが最善だと思います。

独身で子どもがいらないと思っているから、結婚もしたこともないけどパイプカット手術を希望する。

こんな考え方の先では、やはりリスクを背負う事が出てくるのではないでしょうか?