パイプカット無痛は本当か体験記を紹介しています
パイプカットを受けたい。

でも痛い野は本当に嫌だ。

腰が引けて、なかなか勇気が出ない。

無痛麻酔なんて書いているクリニックがあるけど本当?

局所麻酔ではなく、全身麻酔をするしかない?

痛くない治療を受ける時にはその分違うリスクやデメリットはあるのか?

実際に医療現場で10年以上在籍し、治療をじかに手術室でも見てきたからこそ伝えられる痛みの実態。

さらに、自分自身が東京で受けた治療体験をもとにご紹介していきたいと思います。

パイプカット無痛の実態

パイプカット無痛の実態を紹介しています

痛いかが心配で、クリニックのサイトを何度も見ては、閉じている。

こんな患者様の声は医療現場でも何度も耳にしてきました。

そして、実際に治療を受ける時、多くの人が口にしていた実際の声をご紹介していきます。

局所麻酔で行なう治療は痛い

局所麻酔で行なう治療は痛いを紹介しています
結局、神経麻酔をいくら行っていたとしても、パイプカットは少し違う。

精管を引っ張り出すという作業が手術の過程に行われている時間。

この時間がやはり1分2分で終わる処置内容ではない。

引っ張って、切って、焼いて、結ぶ。

文字を見ただけで恐ろしいと思う人もいるかもしれない。

でもその工程はやはり必須となる。

だからこそ、精管を引っ張られている感覚はどうしても痛みが出てしまう。

全身麻酔でパイプカットを依頼する?

全身麻酔でパイプカットを依頼するを紹介しています
どうしても痛くない方法を選びたい人は、全身麻酔を依頼するという方法も選択肢としては存在している。

しかし、全身麻酔を選ぶということは、以下のような点をデメリットと感じることもある。

  • 麻酔が完全に切れて帰宅ができるまでの時間がわからないケースもある。
  • 運転などをして帰るという予定はあまりお勧めできない。

つまりは、通院をする方法を問われることもある。

そして、麻酔の効果を考えて、前日から食事などの制限を受けることも全身麻酔では当然出てくる。

このようなスケジュール調整をしなければいけない対象があることがどうしても男性の仕事の関係や接待や打ち合わせなど避けられない事情と考慮した際にだったら局所麻酔で頑張るという声も多かった。

パイプカット無痛麻酔体験記

パイプカット無痛麻酔体験記を紹介しています
クリニックによっては無痛麻酔と称して、サイトでいろいろな工夫を打ち出すクリニックもある。

しかし、無痛という中にも、単純に麻酔をする時の痛みや感度はどうしても個人の緊張などの状態にもよって異なる面もある。

パイプカット無痛と段階麻酔

パイプカット無痛と段階麻酔を紹介しています
段階的にさまざまな麻酔の種類を使って行う。

この方法を実際に受けてみて、確かに無痛に近い感覚はあると思えた。

そのクリニックは、以下のような麻酔の工程を用意してくれていた。

  • 表面のスプレー麻酔
  • 表面のテープ麻酔
  • 神経ブロック麻酔
  • 切開部浸潤麻酔
  • ブレンド麻酔

とにかく細部にわたり何度も麻酔をさまざまな形で提供していた。

この段階的な流れがあることはまださらに麻酔をしてくれるという安心が高まりやすくなる効果もある。

数でかためるという考え方も麻酔の方法を選ぶ時には参考にしていただけたらと思います。

実際に治療を受けたクリニックの評判を自分でも書いています。

メンズサポートクリニック評判横浜パイプカット体験記