自分の仕事の長期休みを使って、美容外科の治療を検討している人も多い。

男性が包茎、亀頭のブツブツ、長茎、早漏、避妊手術などを美容外科の専門クリニックで相談することも全国的に広がりを見せている。

自分の住まいのエリアにあるクリニックで少しでも長い休みの中で大人しくしていることが可能な時期に手術を依頼することを考える人は多い。

しかし、年末年始のタイミングは実際に相談をしても大丈夫なのか?

治療後の経過で心配が多いと思っても、1月1日から3日にはお休みになっている場所も多い。

そんな時期に治療を受けるべきなのか?

考え方を医療現場在籍経験者がご案内しています。

パイプカット手術と年末年始の悩み

 

年末年始といえば、帰省ラッシュとか高速の渋滞ラッシュなどの響きが多い。

当然、年明けの仕事へのストレスも高まる時期になるかもしれない。

社会人生活をしている中での気持ちの切り替えにも大切な休みの時期。

その中でも身内が集まり飲酒の時間を持つ可能性のある人にとっては、自分の体調を問わず、不安も多いかもしれない。

こういう時にはどうすればよいのかをご紹介していきます。

アルコール摂取量は控える方が無難

自分の体調は元気。

でもお酒の入った状態の出血をしやすい環境を作ることは決して良いことばかりではありません。

自分1人の生活であれば、術後に冷やすなどのケアもできるかもしれない。

しかし、大勢で集まって飲酒を楽しむという時には、断りにくいとか出血をしたときの対応も難しいという事もある。

ですから、きちんとどの程度のスケジュールなのかを術前に確認しておくことが大切。

もちろん、自分でコントロールをしていただければ、手術ができないということは少ないのが現実です。

年末年始の対応について

クリニックそのものが休診日として対応していることが多い年末年始。

しかし、24時間対応で電話やメールのアフター対応をしているクリニックもあります。

実際に、女性の脱毛や美容の治療も行う美容外科では、やっている所とやっていないところも差があります。

しかし、男性専門のクリニックの場合で、医療法人が運営するクリニックの多くは対応をしている場所が多いのも最近の傾向になります。

もし年明けの前に住ませておきたいと思う人がいたら、まずは24時間サポート体制をしているクリニックを探すことも大切なポイントになります。

飲み薬、絆創膏、消毒。

パイプカット手術後のアフターケアはいたってシンプルですが、万が一の管理体制だけは確認しておきましょう。