精管切断手術が必要になった理由クリニック治療体験記を紹介しています
精管切断すれば子供ができないはず。

精子が送られなければいいはずだ。

精管を切断すると言うのは、精管結紮という用語になります。

手術や治療の場合は、パイプカットという名称になります。

まさに、パイプイコール管。

カットイコール切断。

このように、名称としても非常にわかりやすい。

実際に精管結紮(パイプカット)をなぜするのか?

事情を抱える人をイメージが出来ないという男性も多いはず。

ただ単に妊娠を望まないだけなら、コンドームを使えば良いだけ。

言葉で考えたらその通り。

しかし、実際に子供がいる状況ではそういうこともあまりカンタンではなくなってくる現実もあるのです。

このサイトは、パイプカットによる男性の避妊手術を経験した体験をもとに、これから夫婦での夜の営みや離婚を経験している独身者がこれ以上子供がいらないという悩みを抱えている方に内容をご紹介しています。

今回は、精管切断手術を受けた理由について、ご紹介していきます。

パイプカット手術を受ける理由

パイプカット手術を受ける理由を紹介しております
パイプカット手術があるのは分かった。

でもそこまでしてなぜ手術を受けたいのか?

この悩みには患者的な立場になった人にはさまざまな理由があると思います。

パイプカット手術をなぜ受ける?1.奥さんの為

パイプカット手術をなぜ受ける1奥さんの為を紹介しています
最初に出てくるのが女性への配慮です。

患者となる男性的には出来る事なら痛みを伴うような事を自発的に受けたいなんてことは思っていない。

しかし、実際に予約をして、手術を希望するまでの至る経緯。

それには、女性の体の負担や今の年齢と今後のセックスライフの考え方がある。

結果的に、男性の方が女性よりも避妊の手術を受けた時の身体の負担が少ない。

こうした内容を場合によっては、婦人科の医師などにも来院して相談しているケースも中にはある。

やはり妊娠した時の身体の負担は女性には色々な事を考えなければいけない。

よって、これ以上の負担を掛けさせたくないという理由も多いのです。

パイプカット手術をなぜ受ける?2.子供の数

パイプカット手術をなぜ受ける2子供の数を紹介しています
子供は何人欲しいか?

この家族計画も各家庭により考え方は異なる。

1人っ子でも十分。

兄弟が2人3人いた方が良い。

しかし、実際に双子、三つ子なんて確立論的には低い状態に遭遇している家庭もある。

こうした時、まだ将来の予定があったが、今の人数以上には欲しいと思わない。

このような時でも夫婦としての夜の営みを継続したいという目的の人が治療している事も多い。

パイプカット手術をなぜ受ける?3.金銭的負担

パイプカット手術をなぜ受ける3金銭的負担を紹介しています。
子供の養育費も徐々に高くなる傾向にある。

習い事や運動部などの部活の活動費。

学資保険の積立や進学に必要な貯金。

この様な流れの中でこれからの人生におけるこれ以上の経済負担は厳しい。

この様に考えた家庭が夫婦の話し合いの末、決断しているということもあります。

パイプカット手術を受ける時期

パイプカット手術を受ける時期を紹介しています
精管を切断する。

こんな決断をする男性は若いから?

この考え方も一概に年齢が若いからという事は言えません。

パイプカット手術を受ける時期と婚歴

パイプカット手術を受ける時期と婚歴を紹介しています
子供は授かった。

しかし、今は理由があって離婚をした。

今も養育費の支払いを継続している。

今度の交際相手との間の子供は望んでいない。

この様なケースの独身の男性でも現在子供がいるという条件から治療を受けられるのも現実。

この場合は、男性側の経済的事情がある。

当然、パイプカットをすることで今後の新しい奥さんとの間の子供ができない。

このような準備をしているケースもあるのです。

実際に治療を受ける場所を探す時の注意点を神奈川を例にご紹介しています。

パイプカット神奈川県病院とクリニックの違いは何?