パイプカット手術後避妊解禁前の注意点を紹介しています
パイプカット手術後はいつから避妊しなくて良い体になるのか?

出来るだけ早く試してみたい!

セックスの解禁日になればさっそく避妊不要?

医療現場でもパイプカットをする男性は、どこか生き生きしている人もいた。

手術の痛みや麻酔の痛みなどの不安も所詮は、一過性。

しかし、パイプカットが終われば、その後の人生は一生避妊という煩わしさから解放される。

ヤリたい放題。

出したい放題。

まあこんな表現が適切かはさておいても、こういう未来につながる治療だからこそ、どこか楽しい気持ちになっている人もいた。

しかし、浮かれている時ほど注意をしなければいけないのは何事も同じ。

当サイトは、子供がもういらないという夫婦や子持ちで離婚を経験した男性が受ける避妊手術として精管結紮術【別名;パイプカット】について専門的にご紹介しています。

医療機関に15年以上在籍。

さらに、自らもパイプカット治療体験者。

このような状況からだからこそ伝えられる視点や内容で、今後あなたがクリニックや病院に行って質問をしても何もおかしいと思われないような正しい情報をご紹介していきたいと思います。

パイプカット治療後避妊解禁の合図

パイプカット治療後避妊解禁の合図を紹介しています
パイプカット手術というのは、あくまで精管を切断して、その先端を焼却し、結びつけるという治療法を採用する場所が多い。

しかし、いくら精管を切ったからといっても、その直前までにもうすでに射精のスタンバイ状態になっている精子は消えるわけではない。

つまりは、避妊解禁という合図をもらうためには、精液の中に精子が含まれていないことを確認する必要がある。

パイプカット治療後に忘れない方が良い内容

パイプカット治療後に忘れない方が良い内容を紹介しています
パイプカットを受ける時、クリニックにおいて、こんな説明を受けると思います。

精液検査(または精子検査)を受ける。

精子検査とは?

自分がこの先の人生の中で、日常的に精子がすぐに作られなくなる体になるわけではない。

よって、自分の体から、精子はもうでなくなった。

この答えが、検査によって導き出される必要があるのです。

パイプカット治療後に再検査になる人の特徴

パイプカット治療後に再検査になる人の特徴を紹介しています
パイプカットを受けたのに、再検査という結果は手術が失敗したからではないのか?

こうした考え方を持つ人もいますが、その答えは、一概にYESではありません。

むしろ、疑うべきは、手術を受けた後に、射精を何回経験したあとで、検査を受けたのか?

この答えが、5回程度の場合は、まだまだ精子が残っている可能性があるのです。

数を断定することは難しいですが、私は、15回は試したと思います。

そのくらい慎重にしておいても、正直女性を妊娠させた後の責任や堕胎という女性への体の負担を考えれば、しっかりケアしておくべき問題だと言えるのです。