パイプカット手術の診察って何するの?

ペニスとか触って何かするの?

どこで診察するの?

男性が避妊手術を受けたいと思った時、診察って聞くと、どんなことをされるのか恐怖心を持つ人もいる。

そこで、医療現場で10年以上パイプカット、包茎、増大などの治療を診てきた経験者であり、自分自身も精管結紮術を受けた体験者がご紹介していきます。

パイプカット初診診察体験記

パイプカット初診診察体験記を画像と文章で紹介しています
パイプカット手術は、別に体の外にイボやできものがあるような状態ではありません。

精管は、体の中にある状態。

別に聴診器をあてたりなんてこともしません。

実際に私が受けた初診時の状況もご紹介していきます。

パイプカット初診診察は服も脱がない

パイプカット初診診察は服も脱がないを画像と文章で紹介しています
体に特に病気も何もない。

患部にかゆみや炎症、できものがある様子もない。

痛みがあったり、異変を感じるような兆候も症状もない。

このようなあくまで健康的な身体の状態の人のペニスの陰嚢をじっくり観察する診察を受ける経験はありませんでした。

私の場合は、医療現場にいたこともあり、特別な説明も少なかったこともあるのかもしれない。

しかし、私が現場にいた時にも特に服を着脱しての説明というのは少なかった気がします。

その理由は以下のような準備があることもあると思います。

  • 精管がどうなっているのかの図面。
  • 無料カウンセリングにて図面を使ったツ名を行っていること。
  • 手術前の触診などで精管の位置を確認することで簡略化も可能。

このような流れもあって、特別患部の触診を何度も行わないケースもあると思います。

当然、持病を抱えている(糖尿病、高血圧、心疾患、脳血管疾患、腎臓病や肝臓病、陰嚢の疾患等)においては慎重な対応をされる場合もあると思います。

しかし、診察ということで、のどや鼻などの状態まで細かく調べられるようなことも心配はありません。

パイプカット初診診察と服装

パイプカット初診診察と服装を画像と文章で紹介しています
手術を当日にすぐに依頼をしたいと思う人からまずは無料カウンセリングを受けたい人も診察を受ける時の服装はどんな格好をしていけばいいのか?

こんな質問を医療現場でもいただいたことがあります。

この答えとして、以下のようにお答えをしている事が多かったです。

自分が着脱に慣れた服装が良いと思います。

別に制限がある訳ではありません。

下着もズボンも仕事着でもスーツでもデニムでもハーフパンツでも特に制限はありません。

自分自身がリラックスできる服装でクリニックに行く事は全く問題になりませんので安心してください。

あまり診察だから何か準備が必要なのではないか?と思う必要はありません。