子どもが1人以上いればいつでも男の避妊手術が受けられると知ったら、即治療をお願いするべきか?

もっと慎重にいろいろな状況を整理してからの方が良いのか?

再手術や戻す治療を検討する人が悲しいかなゼロではない現実。

離婚経験者

再婚希望者

流産や中絶を選択させてしまった人

色々な事情を抱えている人がいる。

でも、そのいずれの状況にも今現在自分と血のつながりのある子供がいるなら、もうこれ以上は子どもを育てるというのは難しいと判断している男性はいる。

だったら、もう自分の意思で行動してしまえばいいだけではないのか?

この言葉の意味をあまり軽く考えない方が良いという考え方をご紹介していきます。

パイプカットを早く受けるべき人

 

もちろん、年齢を問わず早めに受けるべき人はいると思います。

その対象は、以下のような方だと私は感じました。

現に今妻を悩ませてしまっている状態の人。

自分の健康状態が若干怪しい感じになってきたと感じている人。

持病を抱えて、治療を継続している人。

このように、パートナーの身体的、精神的な苦痛を目の当たりにしている人や自分の健康状態に対して不安を感じている人。

このような人は、もうこれ以上同じことが起こらないための手段であり、自分が治療不可となってしまう前に早めの決断をしておくことも大切なのではないでしょうか?

パイプカットを若い時に決断する目安

これは単純にパートナーの意思を最優先とする事です。

自分は一人も子どもを産みたいと思っていない。

この様な考え方を持つ女性の姿も現代の社会では普通なのが現実。

さらに、子どもが一人、二人という数の問題ではなく、もう育児ストレスに耐えられないということを悩む人もいる。

このような場合は、早めにそれ以上の負担を与えないための決断をしてあげるのも男として相手を守るためにしてあげられる事。

さらには、自分自身の経済力と体力の衰え。

自分自身の仕事の稼ぎではもうこれ以上子供の数を増やしても限界が来るかもしれない。

こんな気持ちになりながらも夫婦の夜の営みは続けたい。

このような考え方を持つなら、その悩みをパートナーにきちんと伝えて合意を得ることが大切な事。

やはり、一人の一存で決めるのは、子どもがいる状況での離婚後の独身者のみ。

パートナーがいる人は、自分の状況と奥さんの身体的、精神的負担をよく考えながら、その後の人生に何をしてあげたらそのストレスから解放してあげられるのか?

この答えが大切なのではないでしょうか?