アフターピルの価格とパイプカット手術費用比較体験記を画像と文章で紹介しています
パイプカットかな。

アフターピルかな。

どっちが安全かな?

どっちが簡単かな?

夫婦での今後の子どもがいらない状況から考える避妊方法。

実際に男性と女性との避妊比較という考え方についてもご紹介しています。

今回は、費用として比較する考え方。

我が家では、私が医療機関に在籍し、あくまで基本的なことを知っていた事もあり、パイプカットの一択でピルを購入させる事すらさせませんでした。

その理由と背景をご紹介していきます。

パイプカットとピル比較のポイント

パイプカットとピル比較のポイントを画像と文章で紹介しています
アフターピルという存在も最近は美容整形の分野での処方が積極的に行われるようになってきました。

種類としては、ノルレボと言う薬が一般的に多いのも特徴です。

アフターピルノルレボの価格相場

アフターピルノルレボの価格相場を画像と文章で紹介しています
実際にアフターピルをクリニックで処方してもらうと費用はどのくらい必要なのか?

相場としては、東京神奈川などの都心でも15000円前後が一般的。

この価格で購入出来る安心は、何と1回きり。

ある意味頓服薬という意味で考えているような薬ですね。

そしてその副作用としての考え方は、可愛そうになる。

アフターピルを飲ませなかった理由

アフターピルを飲ませなかった理由を画像と文章で紹介しています
私は現場での処方も見てきました。

そして、アフターピルを希望する人にはやはり事情があったと思えたのです。

男性に協力を求めることが全くできない関係。

このような状況からの避妊を自分で行うしかないと考えている女性が処方を希望されていることが多かったのです。

しかし、今回の記事でご紹介しているのは、あくまで比較という意味。

男性と女性のどちらが避妊に対しての積極的な行動をとるほうが簡単なのか?

15000円×10回分にすら相当しない費用でパイプカットは出来る。

これが現実です。

パイプカットを選ぶ理由は簡単

パイプカットを選ぶ理由は簡単を画像と文章で紹介しています
男性がパイプカットの手術をしても、吐き気やめまいで帰路に困るなんてことは私が現場にいた10年以上の中でも聞いたことがありません。

何か不正出血のようなことが起こったなんて声も聞こえてこない。

当然射精ができないなんて声もなかった。

このような結果を見て、その費用は?と考えたら、東京都内や神奈川などでも10万円以下です。

そしてその効果は、基本的には再手術不要という考え方になります。

女性のアフターピル服用 男性のパイプカット手術
有効回数 1回 半永久
副作用 体験者につらい現実 体験することもかなり稀
(私はありません)
リスク 時間的に間に合わない可能性有
飲み忘れのリスクもある
精子検査を終えてからのリスクはなかった
費用 1回15,000円 総額10万円以内

この2つを比較したら、当然良心的な考え方をしたら、男性の方が簡単だと思いませんか?