パイプカット年齢的満足や達成感!30代体験記を画像と文章で紹介しています
パイプカットを受ける人の年齢は20代30代40代が医療現場にいた時代にも非常に多かった。

中には、こんな体験をしている人からの相談があった。

  • 3人目ができてもう限界。
  • 3人目のつもりが最後に双子が生まれて家計が危険。
  • 子どもはいらないけどまだまだ夫婦で性欲はある。

年齢なんてそんなに関係ないと思わせてくれたのが、再婚を希望する独身の男性におけるニーズ。

  • 前妻との間に子供がいて、養育費も払っている。
  • もう50代になって再婚するとしても子供はいらない。
  • 60代で奥さんが他界して、新しいパートナーとのセックスライフを楽しみたい。
  • もうこの年でコンドームを家の中に保管しているのはちょっと煩わしい気がした。

いろいろな環境がある。

男性にも更年期はあります。

でも、単純に自分がまだ性欲を持ち、相手の女性が既婚、独身を問わずいるのであれば、正直、子供が1人以上いれば受ける価値はあると私は素直に思えます。

実際に、2年以上が経過して感じた年齢としての満足感をご紹介しています。

パイプカットと30代という年齢

パイプカットと30代という年齢を画像と文章で紹介しています
実際に私が治療を受けた理由も書いています。

パイプカットをなぜ受ける?

私と同じように30代で決断をするご相談者様との対応も多数してきました。

やはり、皆さま同じようなことを口にしていました。

結果的に40代50代になってからの夫婦の営みはなかなか自宅の深夜も難しい状況がある。(体力的な悩み)

子供が起きているようになってしまうと、結果的にホテルなどを使うようにもなっていく。

このような流れの中でいつでも心の準備の中で子どもができない安心を得たセックス。

当然、夫婦ともにストレスが少ないのです。

30代だからこそ、人生をこれから先で考える上でも、早い方が傷の治りについても安心がある。

今の年齢から、考えて10年先になれば、当然体力も免疫力も落ちている可能性はどの人にも言える事だと思う。

だからこそ、結果的に夫婦の決断が固まったら、年齢を問わず精管を切断するのは、人生の開放ともいえる。

パイプカットとよくある女性の悩み

パイプカットとよくある女性の悩みを画像と文章で紹介しています
セックスの後の避妊が出来ていたのかを考えている答えの一つが女性の生理。

検査薬って意外と高いんですよね!

女性も更年期になっていくと、閉経などのバランスが分かりにくいこともある。

こういう時をもう10年余りと思うタイミングなのも30代半ばの世代。

生理不順などをけいけんしていない女性をパートナ-としている時に、この言葉は本当に精神的に疲れる。

生理が来ない

遅れている

来る兆しがない。

このような発言を耳にした男性は、やはり仕事も手につかないほどの焦りや不安を持つケースもあると思う。

こういうことを女性が更年期の悩みの時期に経験したら?

やはり、精神的には男性よりもさらに精神的につらくなる人もいると思うんです。

やっぱり女性を安心させられる環境って大事ではないでしょうか?

その意味でも私は切った価値があると思っています。