精管が完全に戻せなくなる時間はいつかを紹介しています
パイプカットはいつでも戻せるのか?

戻せるタイミングの限界があるのか?

一度受けてすぐに戻すということはない。

しかし、再婚や女性の体調や出産育児への関心など気持ちの変化は人にとって当然考えられる。

今の環境では子供がいらないと思っても将来は欲しいと思える環境もあるかもしれない。

このような迷いがある時に、今は困るを優先して、将来に困らない準備も治療を依頼する前には重要な結論を出す一つの要因と言える。

実際に私自身もパイプカット手術を受けた一人。

そして、医療機関に勤めてずっと患者様の要望や悩みも聞いてきた。

だからこそ、戻せなくなるという考え方や不安についてもお伝えしていきたいと思います。

パイプカットについては以下のような内容も触れてきました。

治療前によくある悩み

パイプカット後悔の理由

パイプカット条件とは

精管結紮術費用

精子検査とは?

術後の悩み

パイプカット手術当日痛みや出血

男性パイプカット後遺症はある?

自分が手術を受けるという環境を男性はなかなか経験していないことも多い。

大きなけがも病気もしたことがないし、骨折や盲腸なども幸い経験していない。

このような人にとって、決断を迫られた時、選択肢年て逃げ道の戻すという解決方法がある内容は、迷いの原因にもつながる。

では実際にどの程度の時間がリミットになるのか?

精管が完全に戻せなくなる時期

精管が完全に戻せなくなる時期を紹介しています
私も現場にいた時、多くの患者様から将来の可能性について質問をいただき電話やメールを含めて回答をしてきました。

その中で伝えていた内容をご紹介していきます。

精管が戻せない時期はない

精管が戻せない時期はないを紹介しています
勘違いしないでいただきたいのは、あくまで精管の管を戻すという手術を可能とするかという話。

機能を無視して、形だけ戻すという考え方。

この場合は、精管の元気な部分を繋ぎ合わせるという形式的な手術はある。

しかし、機能として元に戻るのか?

精管が戻せない機能的リミット

精管が戻せない機能的リミットを紹介しています
精子が出ない。

いくら精管が戻っても結果的に妊娠をさせることができない状態では期待している戻す目的にたどり着けない人も多い。

このリミットは、5年が大きな目安になっているようです。

精子を作り出す機能の低下も考慮すると、もちろん個人差があり、もっと早期に回復が難しいこともあるようです。

ですから、安易に戻すことを考えて治療を受ける事そのものを私は止めていた部分もありました。

よく夫婦で話し合うことの大切さ。

今別にパートナーがいないという人が安易に受ける事への判断要素の欠落。

やはり、女性の意見をしっかり聞き届けながら、自分の将来の経済的不安だけではない家庭を持つ上でのパートナーとの合意を基に受けることが大切です。