子どもがもうすでに1人以上いる家庭の中では、この先あと何人子供の数を考えるのか?

子どもが欲しい、いらないを問わず、夜の営みは続けられるのか?

子育てによる育児ストレスや産後のホルモンバランス変化などにより女性の体は妊娠、出産、中絶などをした後の精神的な負担もストレスも大きい。

こうした中で、すでに何度か中絶をさせてしまったという経験を持つご家庭が今後の夜の営みを安全に行うための準備をご紹介していきます。

中絶防止は避妊が最優先

 

今のタイミングでは子供がいらない。

この先はまだわからない。

もう数年は、子供の成長や自分の体調などの変化によって変わってくる。

このような話し合いをしている時には、徐々に男性の方から女性の体を守るためにも中絶前の避妊手術を検討するのも方法の1つ。

男性が避妊手術を受けるメリット

男性にとっては、行為を行った後の妊娠の連絡は、仕事が手につかないほどの動揺の原因にもなりかねない時もあります。

嬉しい結果報告でも舞い上がってしまうでしょうし、希望をしていない時には、どうする?という迷いや不安によるストレスが大きいのも現実。

でも過去に1度以上中絶の手術を受けたことがある人は、その苦しみも辛い現実も分かっている。

またこんな状態になってしまった。

この言葉を自分の人生から考えなくて良い時間が訪れるのは非常に価値がある。

パイプカットで精神的ストレスから解放

もちろん、奥さんとの合意がなければ治療を受ける事ができない。

しかし、一度夫婦で子どもがこれ以上はいらないという結論が出た場合は、この答えの結果として、男性が避妊手術を受けてしまえば、もう妊娠の心配はなくなる。

失敗をするという事が心配なら、できるだけ専門のクリニックを選ぶ事が大切。

パイプカットは、自費で行う治療です。

治療対象となるクリニックは、男性の美容整形の分野の治療を行うクリニック。

包茎、亀頭増大、陰茎増大、ed,aga等の治療を行うクリニックが対象になります。

こうしたクリニックなら、土日祝日も当日手術が可能になりますし、最初の診察やカウンセリングは無料で対応してくれる事が多いです。

1つ1つの可能性をきちんと把握する。

今後の自分たちの家族計画として、どんな選択肢が用意されているのかを知っておくことは大切。

まずは、全くわからないという人は、最寄りのエリアで「パイプカット 地名」で検索してみるといいと思います。

私が受けたのは、↓のクリニックです。