横浜市内にある泌尿器科でパイプカットを受けるべきなのか?

少しでも手術の費用を節約するためには、泌尿器科を選んだ方が安いはず。

保険診療と全額自己負担治療の違いを多くの男性はあまりよく知らない。

結果的に保険適用の医療機関であれば価格は安いのか?

この答えについて、医療業界に10年以上在籍した担当経験者が解説していきます。

【横浜】泌尿器科パイプカット相談対応リスト

横浜泌尿器科パイプカット相談対応リストを画像と文章で紹介しています
神奈川県横浜市内にある泌尿器科でパイプカット手術の相談可能な医療機関をまずはご紹介していきます。

医療機関名 住所 休診日 パイプカット費用
木村泌尿器皮膚科 神奈川県横浜市都築区茅ヶ崎中央51-1 木曜
日曜祝日
9万7200円
横浜東口
鳥居クリニック
神奈川県横浜市西区高島2-14-13
エストビル3F
土曜午後
日曜祝日
8万6400円
川島泌尿器
皮膚科医院
神奈川県横浜市中区吉浜町2-4
アクシス元町2F
第四木曜日
日曜祝日
8万円
石橋泌尿器皮フ科
クリニック
神奈川県横浜市中区長者町9-166-1 木曜
日曜祝日
6万1000円

上記のようなクリニックが該当します。

費用の差がありますが、安いクリニックは6万円という価格は魅力かもしれない。

しかし、上記の保険適用のクリニックには懸念をしておくべき内容があります。

パイプカット手術と外来の優先順位

パイプカット手術と外来の優先順位を画像と文章で紹介しています
あくまでも保険診療を扱う医療機関では、外来を優先する場合が多いです。

つまりは、受付には、本来泌尿器科として治療を求める以下のような疾病の治療を依頼したい患者様が多いのです。

腎盂腎炎

膀胱炎

尿路結石

腎尿路結石

前立腺肥大症や前立腺炎

過活動膀胱

男性特有の症状もあれば、男性も女性も悩みを抱える症状もあります。

通院を必要とする人も多く、通常外来における症状の診察にも時間を要することが多いのも泌尿器科の特徴。

更には、皮膚科を併設している場合は、皮膚炎における火傷やアトピー、帯状疱疹など症状の説明をすることが多い内容もあります。

このように外来における時間を配分はあくまで患者様の症状次第となってしまうことが多い。

つまりは、手術予定を大幅に遅らせなければいけない患者様の対応を必要とする診療科である。

パイプカット手術後の相談も難しい

パイプカット手術後の相談も難しいを画像と文章で紹介しています
術後の腫れが気になる。

内出血や熱感などの気になることがある。

精子検査前の注意事項を確認したい。

このようなことがあった時に、電話などにて相談を行うことを多くの男性は考えます。

しかし、この対応を受付の方が行ってもなかなか答えられないことも多い。

さらに、仕事の合間に電話をしたいと思ってもその時間は、休憩時間ということもある。

やはり、術後の相談が難しい条件も致し方なしとする考え方も必要になります。

こうした事を心配したくないと思う方は、男性の専門であり、パイプカットを土日祝日でも当日手術を担当してくれるクリニックを探す方がおすすめ。

さらには、保険適用しないクリニックの分、クレジットカードなどの決済も可能なクリニックがあります。

私も実際に↓のクリニックの系列でパイプカットを受けました。