パイプカットと同時に真性包茎手術を神奈川県横浜市で受ける時のおすすめクリニックをご紹介しています。

業界で10年以上にわたり、患者様との対応をしてきた現場経験者。

さらに、自らもパイプカット手術を依頼したクリニックをご紹介しています。

私が体験した内容も以下のようなページでご紹介しています。

パイプカット手術体験記

私が治療を依頼したクリニックは、メンズサポートクリニック

副作用とかリスクとか後遺症なんてことを心配していただく必要は無いと思います。

実際に私自身が経験しているなかで、不都合や困ったことは何もありませんでした。

今回の記事では、実際にパイプカットと真性包茎手術を依頼されていた患者様の悩みについてご紹介しています。

パイプカットと真性包茎手術同時の理由

パイプカットと真性包茎手術同時の理由を画像と文章で紹介しています
男性が包茎、短小、ED、AGA、避妊手術などさまざまな悩みを抱えている時代。

実際に、関東エリア出の悩み相談の中でも多かった真性包茎だからこその悩みをご紹介していきます。

パイプカットが包茎手術のきっかけ

パイプカットが包茎手術のきっかけを画像と文章で紹介しています
真性包茎の状態のままでも子どももできて、実際に奥様も特別な病気も無かったままの人生を歩まれてきた。

その先に、実際にセックスと妊娠という恐怖心が年々高まってくる。

  • 夫婦二人暮らしの仲は悪くないが、妊娠はさすがに無理と思える時期。
  • もう避妊具をネットで買うのも面倒になった。
  • もっと安全にセックスを楽しみたい。

このような気持ちが芽生えて30代以降になって、40代50代になってようやく重い腰を上げることが出来たのが、パイプカットを受けてほしいという奥様からの依頼。

それなら、同日に一緒に真性包茎の手術も済ませておきたい。

このような希望に奥様は別に反対を意思を示すような流れがなかった。

つまりは、パイプカットを利用して真性包茎の手術を受ける理由づけにしているケースが多かったのです。

パイプカットと真性包茎手術同時で痛みは?

パイプカットと真性包茎手術同時で痛みはを画像と文章で紹介しています
パイプカットよりも真性包茎の手術後の痛みの違和感の方があると思います。

真性の場合は、個人差がありますが、内板包皮と亀頭が癒着しているケースもあります。

そして、普段剥くこともできなかった状態なので、当然剥けるような状態になった時の亀頭に感じる違和感などもあります。

こういうことを防止する意味で、亀頭増大などを一緒に治療する人もいらっしゃいます。

パイプカットは、手術後の違和感は、陰嚢ですので、普段動かすとか意識的に触れるようなこともまずない場所。

よって、経過は1つで終わることが出来ますが、真性包茎の方が違和感を感じやすいと思っておくほうが自然だと思います。