横浜パイプカット手術の流れと時間専門クリニックの現実を画像と文章で紹介しています
パイプカットを受けるには1日の中でどれだけの時間を用意しておくべきなのか?

神奈川県内の包茎、長茎などの治療を行う専門クリニックで依頼をしたい。

男性専門のクリニックで予約をしたい。

このような希望をしている人に実際にクリニックに来院する当日の手術ま出の流れと所要時間についてご紹介していきます。

横浜パイプカット手術の流れ


包茎、亀頭増大、長茎、陰茎増大、フォアダイスや亀頭のブツブツの除去などさまざまな治療を行う美容外科クリニック。

保険適用の泌尿器科とは決定的に異なるのは、完全予約制となっている点。

実際予約をして、当日来院をした時にどんな流れで治療まで進んでいくのか?

現場に在籍したからこそ伝えられる内容を含めてご紹介していきます。

横浜パイプカット手術前にやること

横浜パイプカット手術前にやることを画像と文章で紹介しています
まずは来院してからのカルテ記入の時間をできるだけ早く済ませるのがポイント。

氏名

年齢や生年月日

住所

性別

個人情報をきちんと記入すること。

次に、問診として、現在の病気や治療をしている内容などを確認の項目の記入に入ります。

この時にも持病をお持ちになっている人や血液をサラサラにする薬や心臓や脳血管系の治療を受けているなどの持病は必ず申告をしておくことが重要。

場合によっては、治療前の薬の服用を中止しなければ受けられないこともあるのです。

この時間が5分程度で終わる人もいますが、10分、15分と自分の飲んでいる薬の確認に要する時間が必要な人は滞在時間が増えていきます。

診察や無料カウンセリングは非常にシンプルなのも特徴です。

特にパイプカットは精管結紮術。

精管を何も切開もしない状態で、見せることは不可能です。

よって、イメージ画像などを使って説明を受けることが多いです。

あらかじめ説明される術前の内容にそこまで大きな疑問を持つ事がない場合は、私が現場にいた時には15分程度で説明が終わったこともありました。

このような流れが終わったら手続きに入ります。

支払い方法の決定と同意書記入にも特別何か意識が必要なことはありません。

同意書に記載されている内容の大半は、事前説明をしている内容を書面化したものと考えておくと良いと思います。

治療前に決済方法を選択して済ませておくことで治療後すぐに帰宅が可能という仕組みを採用しているクリニックが一般的です。

ここまでの流れを早い方なら、30分程度で終了します。

持病の確認や薬のチェックなどを要する場合は、45分や1時間になってしまうこともあります。

この後に、治療が40分程度。

これが合計の1日の中でクリニックの中にいる時間として必要となる最低限となります。